芦屋ベニールのモンブランと焼き生チョコ

佐世保玉屋「秋の全国うまいもの大会」終了してしまいましたが

もうしばらくはこのネタです(苦笑)

今回は結構気合入れて買いまくったからなあ

兵庫の「芦屋ベニール

モンブランがクローズアップされていたけど、420円はちょっと高い。それにモンブランはちょっといいかな、という気分。

芦屋ベニール 焼き生チョコ

焼き生チョコ、というお菓子が3個500円と買いやすかったので、買ってみることに。

芦屋ベニール 焼き生チョコ

生チョコ、とあるけど、一種のチョコレートケーキですね。

濃厚だけどしっとりとした生地で、甘さは控えめ。

芦屋ベニール 焼き生チョコ

一見ちょっと地味に感じるけど、後口のチョコの風味がじっくりと広がってくる、高級感のある味わい、という印象。

この味わい、どこかで食べたような気もするけど、思い出せない。

何か似たもの食べたことあるのかな?

で、そのあと昨日の最終日にまたうまいもの大会に訪れたのですが

モンブランが最終日特価で300円に。

急遽予定変更して、購入。

芦屋ベニール モンブラン

ちょっと小ぶりな感じが。そのあたりも初日躊躇した一因なんだけど。

タルト生地の土台にスポンジ、栗の入った生クリームの層にマロンクリーム、比較的ポピュラーな造り。

芦屋ベニール モンブラン

一口、とにかく「栗」の風味が濃厚。

反面甘みはそれほど強くないかな、と思ったが

食べていくにつれ、栗の甘みがヘビーに感じてくる

マロンクリームの味がどっしりと濃く、さらに栗そのものも、トッピング、さらに中に一粒と大盤振る舞い

中に大きな栗が入っていることで、甘み控えめの生クリームの量が相対的に少なくなっていることも、栗尽くし感を際立たせている。

「小さい」と感じたが。

半分食べた時点で充分すぎるくらい満腹感感じた(^。^;

栗の味の濃さは特筆ものだが、個人的にはちょっと、濃すぎたような。これ1個食べたら1週間はモンブランはいいな、という感じ。

3食全部モンブランでいい! という気合の入ったモンブラン好きの方にはうってつけでしょう。双でもない方は心して(^^;


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

芦屋ベニール

本店:兵庫県芦屋市東山町29-23
芦屋ベニールホームページ

秋の全国うまいもの大会

2008/9/18(木)~9/23(火・祝日)
佐世保玉屋7階大催場

佐世保玉屋

長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~19:00
佐世保玉屋ホームページ

This entry was posted in グルメ, ケーキ, 物産展 and tagged . Bookmark the permalink.

2 Responses to 芦屋ベニールのモンブランと焼き生チョコ

  1. まう says:

    焼き生チョコ…それは炙りサンマの刺身…みたいな?
    お洒落な芦屋なのに
    想像力が無くてごめんなさい(^^;)

  2. ははは(^^;
    言われてみれば確かに矛盾してますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です