ザ・ロイヤルパーク福岡

先週の福岡行き、宿泊は「ザ ロイヤルパークホテル 福岡

博多駅から徒歩約5分。バス通り(はかた駅前通り)の一つ裏手の目立たない通り。小さめの建物だけど、品のある作り。ツインのシングルユースで素泊まり15700円とちょっと高かったけど、一度泊まってみたかったので。

格安のプラン(チェーン店の広島オープン記念プラン)を使用、部屋の眺めは悪いだろうな、と思っていたが、案の定低層階だったものの、スタンダードツインより少し広めのスーペリアツイン。横幅が少し広いのと、入口部分が変形になってて、その分広がったスペースに荷物を置いておけるので、より部屋がゆっくり使えた

作りや調度ははオーソドックス。前回宿泊のソラリア西鉄ホテル福岡がインテリアにこだわりまくってクセが強かったので、余計にあっさりとした感じ。

窓際のチェアの座り心地は普通。ミネラルウォーター2本はサービス。

ちなみに冷蔵庫の中は空。電気ポットもあり。用意されているのはティーパックのお茶とドリップパックのコーヒーとシンプルだけど、マグカップはノリタケ製

デスクはけっこうゆっくり。立地的にビジネス街になるからかな? 窓際のチェアよりデスクチェアのほうが座り心地良かった。テレビは32型。結局一度も付けることのないままチェックアウトした

ベッドは広さは普通のシングルだけど、マットレスが固めで寝心地がとても良かった。広さはホームページでチェックできても寝心地は実際にてみないとわからないから、あたりだと嬉しい。マットレスがいいやつでも体に合わない、ということもあるし。ちなみにここのはシモンズ製のマット使用。シモンズは柔らかめ、と思ってたけど、そうでもなかった。

エントランス部分に収納スペースあり。セーフティボックスもある。加湿機能付空気清浄機も用意されてた。喉が弱いのでこれがあると本当に助かる

バスルームはバス独立で洗い場があるタイプ。これがここを選んだ一番の理由。一体型のユニットバスよりゆっくり入れるのはやはりいいです。前回のソラリアは洗い場が不自然に狭かったけど、ここはちょうどいい広さでバランスよく、使い心地は上。バスタブもホテルにしては深めで、しかも一番上まで湯を張れるようになっているので肩までゆっくりつかれて寛げた。ちなみにアメニティにバスソルト2袋付き。

ソラリアと同じくレインシャワー付き。今回はひねる方向間違えて頭から水かぶる悲劇は回避できました。バスルームで一つだけ気になったのは、シャワーの水栓がちょっと固かったこと。形状的にもひねりにくいのがちょっと不便

外の眺めは今ひとつ。周りも同じくらいの高さのビルだから、仮に上層階でもそこまで眺めは望めないのではないかと。目の前のビルの1階はローソン。ホテルエントランスから徒歩十数歩なのでかなり便利。

フロント・ロビーはこじんまり。チェックインはタブレットで(サインもタブレットに)、精算は自動精算機。クレジットカード利用の場合は暗証番号が必要。他の設備はカフェが1件のみ。それも朝食から夕方までの営業なので夕食は外で取ることに。シティホテルというより、客室の居住性にこだわったハイエンドビジネスホテル、といった感じの位置づけに感じました。


福岡県福岡市博多区博多駅前2-14-15
ホームページ
ザ ロイヤルパークホテル 福岡(じゃらん)

※2018年10月現在のデータです


This entry was posted in 宿泊 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です