アゴだしカラアゲ 福まん家

佐世保市天満町、むかし弁当の「安兵衛」があった場所に昨年オープンした唐揚げ弁当の「福まん家」

かなりインパクトのある看板につられて行ってみた。

弁当類は鶏唐揚げ弁当のみ。鶏唐揚げのみの販売もある。ちょうど正午ごろだったこともあり、お客さんは多い。今回オーダーしたのは一番オーソドックスな鶏唐揚げ弁当。480円。支払いはPayPayが使用できた

家に帰ってからいただいた。

鶏唐揚げはかなり大ぶりなのが4個。たれが別につけてある。それ以外はウインナー、シュウマイ、たくあんと極めてシンプル。

からあげ、まずたれを使わずそのまま食べてみる。肉質はいくぶん柔らか目。コロモは香ばしいが、意外と甘い。竜田揚げっぽい。

たれをかけると、しょうゆベースの味が合わさって、ちょうどいい感じになった。そのままだとおやつに、たれをかけるとご飯がいける味わいになる

大盛を注文している人が多かったけど、個人的には普通盛りで十分だったな。かなり大きいので食べ応えしっかりでした

福まん家、ネットで検索してみたら、チェーン店だった模様。総本店は大村、大阪にもフランチャイズ店があるらしい。最近は大村発祥のお店、けっこう多いような。ステーキのにはちもたしか大村だったし。大村市は長崎県で唯一人口が増えている自治体らしいけど(佐々町もだったっけ?)、人の集まる場所は飲食店も元気なのかな?

続きを読む

カテゴリー: 弁当 | タグ: | コメントする

Esu and kei 男バーガー2020

新型コロナ、ついに緊急事態発令。しかも九州でも福岡が発令ということでますますもって緊迫感が増してきているが

先週日曜日、そろそろのんきに外食ブログするのも自粛すべきかな、と思いつつ、それなら佐世保バーガーテイクアウトで、と思いつき、佐世保警察署前の「Esu and Kei」へ

現在コロナ対応でイートインは5組までに制限している、とのことだが、この時先客は一組のみ。土日は佐世保バーガー目当ての観光客が多いお店だが、今の状況なら観光客が訪れる気配もなさそう、これなら大丈夫かな、ということで結局イートインで

男バーガーを数年ぶりにオーダー(1080円)。プラス200円でドリンク、コーラにした。

男バーガー。要するにステーキバーガーだが

なんかすごいのが出てきた

肉の量が多くてソースの量もたっぷりでバンズの下の方が見えない、という。

参考までに、2016年に食べたときはこうでした。この時も肉のボリュームに度肝抜かれたが、今回のバージョンと比べるとつつましやかに見える。

イートインでしかできない趣向だな。これを手づかみで食べるのが通。というのはもちろん嘘です。バンズをカットしながら肉と野菜を挟んで、バーガーとして再構築しながらいただいた。ちなみに野菜はレタスとトマトが入ってます

肉は柔らかくジューシーで無茶苦茶旨かった。濃いめのソースがたっぷりで食べ応え十分。肉それだけでも十分美味しいが、バンズに野菜とマヨを合わせて食べるとこれがまたこってりとしてうまい。

免疫力を高める効果あり、というスープも美味しい。ピリッと来ているけどほんのりとした甘味もあり。ココナッツ風味かな? なんだか体が温まる感じ。

男バーガー、テイクアウトも可能だけど、テイクアウトの場合どういう感じになるんだろ? ちなみにfacebookページチェックしたところ、テイクアウト用にステーキ弁当(1290円)も登場してた。こちらも一度食べてみないと

続きを読む

カテゴリー: グルメ, 佐世保バーガー, | タグ: , , , | コメントする

いくた 桜のモンブラン2020

佐世保市三浦町、プティいくたにてケーキを

数年前に食べた「さくらのモンブラン」。リニューアルしていた

価格は税別390円

桜風味のクリームの中は

抹茶のババロアにクリームとあんこ。

タルト生地もあずき入りで、和菓子のような洋菓子。

さくらの風味がしっかりと効いていて、風味だけだと桜餅を食べているような感じなのが和風っぽさを高めているな。甘味控えめで濃厚な抹茶風味のババロアも切っと味を引き締めている。

中のあんこ、それとタルト生地は甘く、桜のほんのり塩味と抹茶の香りが味を引き締めている。美味。

もう1種類。こちらは「シトロン」。こちらは税別380円

酸味の効いたレモン風味のムース。真ん中あたりに入ったオレンジソースはとろりと甘め。すっきりとした味わいが春らしい感じでした。

続きを読む

カテゴリー: ケーキ, 佐世保スイーツ | タグ: , | コメントする

はなまるうどん 玉とろ牛肉うどん

させぼ五番街のはなまるうどん

訪れたのは平日の午前中。さすがに空いている。玉とろ牛肉うどんなるメニューが推されていたので、食べてみることに。温冷選べるので温で。サイズは小にした

牛肉入りのとろろうどんに、生卵を合わせていただく趣向。白身は切って黄身だけ入れるようになっている。

まずは黄身は混ぜ込まずに、とろろと牛肉だけで。

とろろにはおくらも混ぜ込んであり、同じネバネバ系ながら歯ざわりに変化を持たせてあるのが面白い

コシのあるうどんとの相性もいいが、濃いめの味付けの牛肉と合わさるとより美味。

ここの牛肉うどん、結構どっさりと乗っけてくれるので、Sサイズで注文しても食べごたえは十分。写真の絵面的にあっさり軽めのイメージだったが牛肉たっぷりでとろろも結構腹にたまるので、予想外にボリューミーだった

ちなみに今回は温うどんで注文したが、とろろがひんやりなため、ややぬるい感じに。もう少し暖かくなってきてから、冷で注文した方がより美味しく頂けそうな気はする。

続きを読む

カテゴリー: うどん・そば | タグ: , | コメントする

雑魚屋 鯛茶漬けと天ぷらの御膳

先月末、父の七回忌の法要を身内だけでごくごく小規模に済ませた後

上京町の雑魚屋へランチを

お店についたのがオープン5分くらい前、1階の御魚供養宮お参りしたりして時間つぶし、少し待ってからオープン時間2分前くらいにフライングで入店。さすがに一番乗りだったが、12時前にかかわらず次から次とお客さんが。佐世保ではまだ新型コロナ感染者が出る前だったとはいえ、影響はほとんどなさそうな感じ。まあ夜は影響出ているかも、だが。

鯛茶漬けと天ぷらの御膳、美味しそうだったのでこれにした。税別1180円

鯛さしに味噌だれ、お湯をかけていただく、ようだ。

こんな感じかな?

レアくらいの感じになった新鮮な鯛に濃厚なゴマダレが美味しい。味噌だれは濃厚だが甘味が勝っていて辛みはそれほどないので、わさびはちょっと強めに利かせるくらいでいい感じだった。

ごはんに湯を注いだ後に鯛さし、味噌だれを後乗せしてもうっすらと熱が通ったような食感になり美味しい。

天ぷらはエビに芋、しし唐、ナスといった野菜、それに白身魚の天ぷらまで隠れていたのが嬉しい。切り身も分厚く食べ応えあったし。芋天の甘味も特筆すべきものだった。1180円という価格なので天ぷらは添え物程度かと思ったら予想以上の食べ応え。

母は1030円のアラ炊き御膳を。一切れもらったが、こちらも醤油辛いしっかりとした味付けで美味だった。次はこれを食べてみようかな

続きを読む

カテゴリー: ランチ, 佐世保ランチ | タグ: , | コメントする