久留米市美術館 ラファエル前派の軌跡

今回の福岡行。天神に到着して、バスセンター下の西鉄電車に乗って、向かった先は久留米。

目的地は石橋文化センター、久留米市美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡」展

展示はまずターナーから。ターナーはけっこう好きなのでテンション上がる。冒頭の「ナポリ湾」もインパクトのある色彩でよかったし、「カレの砂浜」がまた良かった

ターナーはラファエル前派の画家ではなく、世代的にも一世代前。

なぜターナーから、というと、ラファエル前派は19世紀半ばのイギリスで勃興した美術グループ。当時の美術界のルネサンス期絶対、ラファエロこそが至高という価値観に反発し、ラファエロ以前の美術回帰を指向した一派。その論理的な支柱となったのが美術批評家ジョン・ラスキンの「現代画家論」であり、そのラスキンが崇拝したのがターナー。ということでターナーからだったらしい

続いてラスキンの作品が続くけど、ここは流した(笑) やっぱり画家というより批評家、なのか、ターナーのあとに続くと印象に残らない。

続く部屋からがラファエル前派の画家の作品。

ミレイ、そしてロセッティが有名ドコロですが、ミレイはちょっと少なかったかな 「結婚通知‐捨てられて」という思わせぶりなタイトルの女性の肖像画が見た感じもやっぱり思わせぶりで印象に残りました

ロセッティはけっこう豊富。ほとんど、というか全部女性の絵なんだけど、全員おんなじモデルなのか、と思うくらい女性の顔がみんな一緒^^; 美人なんだけどほんのり男顔

エドワード・バーン・ジョーンズの作品も豊富で一部屋設けられてました。インパクトがあったのが「赦しの樹」

恋人に捨てられ自殺した女性がそれを哀れんだ神によってアーモンドの木となり、後悔した男がその気を抱きしめると女が出現し、赦しを与えて彼を抱擁した・・・ という故事に基づいた作品、なんだけど

この女の人の目、絶対赦してない^^;

男の方もどう見てもビビって逃げ腰になってるし、たぶん樹の中に引きずり込まれて冥界に叩き落とされるんだろうなあ、としか思えない。「赦さない樹」の間違いじゃないのこれ^^;

ちなみにこの女性のモデル、バーン・ジョーンズの不倫相手で自殺未遂騒動起こして新聞沙汰になり、ジョーンズも当時表舞台に出られず冷や飯ぐらいの状況だったらしい。ラファエル前派の周辺はだいたいこんな話ばっかです^^;

ラファエル前派の作品、19世紀イギリス絵画や象徴派というくくりの展示では結構見かけるけど、ラファエル前派メイン、というのはたぶん初めてみたような。好みかどうかというと、うーん、一番最初のターナーがいちばん印象に残っているというのが全てかな。

2016年開館の久留米市美術館、今回が初だったが、となっているが、もともとはブリジストンの石橋財団が運営していた「石橋美術館」が前身。その当時を含むと2006年以来、13年ぶり3回目の観覧だった。

美術館のある石橋文化センターはホールや図書館も併設し、広大な日本庭園が見ものだけど、この日は不幸にも大雨。とても散策はできず、美術館内の庭に面した休憩室から庭の片隅をちょろっと見ただけだった

Continue reading

Posted in たび, 美術館 | Tagged , , , | Leave a comment

チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台

福岡に1泊2日の日程で行ってきた。

時系列は逆になるけど、2日目に行ってきたイムズ・三菱地所アルティアムの「チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台」展から(開催期間が7月15日までなので)。アルティアムでは過去にも東欧の展覧会が開催されているけど、三菱と東欧ってなにか深い関わりがあるのかな?

カレル・チャペックは20世紀初頭のチェコスロバキアの作家・エッセイスト。「R.U.R」という作品(戯曲)にてはじめて「ロボット」という言葉を用いた、「ロボット」という言葉の生みの親だけど、カレルいわく、この造語を作ったのはカレルの兄で画家のヨゼフ・チャペックであるとのこと。

「R.U.R」に登場するのは、現在使われる機械的な「ロボット」というよりは、人間に近い人造人間やバイオノイドに近い存在。日本でも1923年には「人造人間」のタイトルで翻訳され、翌24年には日本でも上演されたそうで、当時の舞台の写真も展示されていた。。

最も「ロボット」に関する内容は展示のごく一部。いちばん印象に残ったのはカレルの愛犬との生活を題材としたエッセー「ダーシェンカ あるいは子犬の生活」の挿絵、写真の数々。シンプルな線で描かれた可愛らしい犬のイラストは仙厓の禅画を想起させる洒脱さがあった

ほっこりした気持ちになるイラストが多いが、当時のチェコスロバキアは台頭するナチス・ドイツの侵攻を受けていた時期。反ファシズムを貫いたチャペック兄弟はナチスに敵視されており、弟カレルは1939年ナチスがプラハを占領する4ヶ月前に肺炎で死去、兄ヨゼフは強制収容所で1945年に命を落としている。

観覧後、ショップではクリアファイルとポストカードを購入。Tシャツがあれば欲しいな、と思っていたけど、残念ながらなかった

あまり意識はしていなかったが、現在福岡は博多祇園山笠の時期。イムズの吹抜けにも絢爛たる山笠が鎮座。インパクトありました。

Continue reading

Posted in たび, 美術館 | Tagged , , , | Leave a comment

タリーズ エスプレッソシェイク

佐世保京町通りのタリーズコーヒー、

チョコリスタが登場していたが

今回飲んだのは、エスプレッソシェイク

ショートサイズ570円。ショートでもそれなりに量はある

コーヒーのシェイクだけど、エスプレッソの風味もしっかりながら、甘みもけっこう強め。しっかりパンチの聞いた味わい。

きめが細かくなめらかな舌触りで、好みの味。

少し高いけど、また飲みたい味。ちょっと思ったけど、パピコチョココーヒーの濃厚高級バージョンみたいな感じ? 

こちらはこの前、6月の下旬くらいに訪れたときに食べたオレンジタルト

このときまではまだホットコーヒーでちょうどいいくらいだったんですよね。オレンジの甘酸っぱさがなかなか濃い味で美味でした。

タリーズのケーキはハズレがないので、けっこう好きだったりします。

Continue reading

Posted in ケーキ, ドリンク | Tagged | Leave a comment

佐世保玉屋ファミリーレストラン さわぎりカレー

久しぶりに佐世保玉屋6階のファミリーレストランへ

今月号の「ならでわ!」表紙に載っていたカツカレー食べる予定、だったのだが

サンプルのこれ見て急遽予定変更。

「護衛艦さわぎりカレー」

そういえば現在自衛隊カレーフェアが開催してるんだった。

980円。

平成が終わって令和になってもここだけは昭和(笑)。

カレー。サラダ付き。

ルーは別皿で。ゆで卵がトッピング

味わいは絶品

黒に近い濃いめの色合いのルー。濃厚でコクある口当たりで、辛みは控えめ、むしろ甘口。おそらく玉葱由来の甘味だろうな

牛すじもとろとろに煮込まれて極めて柔らかい。

ライスの炊き加減もちょっと固めでカレーにはちょうどいい感じ。トッピングはゆで卵だけ、だけど、これがアットホームな感じでよかった。

ちなみに自衛隊グルメ、オーダーするとピンバッジがおまけでいただけました。

Continue reading

Posted in カレー, 佐世保グルメ | Tagged , , | Leave a comment

ミニワン チョコバナナなど

佐世保玉屋、ドンクに併設の量り売りミニクロワッサン「ミニワン」

今回は期間限定の「チョコバナナ」と「ミニカヌレ」を買ってみた

チョコバナナ、バナナの形をしたクロワッサン。

チョコクリームとバナナクリームがトッピングされているが、バナナの風味が濃厚で甘くて美味しい。

クロワッサン生地も固すぎず、香ばしさを残しながらふんわり。

冷やしても美味しい、とのこと。一つは冷蔵庫で冷やして食べてみた。ひんやりしても生地がぱさつくこともなく美味しいけど、バナナの甘みが冷やしたぶんやや弱まるようで、常温のほうが好みの味だった

ミニカヌレ。

一時期流行っていたこともあるような気がするカヌレだけど、そんなに食べたことはなかったりする

もっちり、ういろうみたいな独特の食感。

外側のカラメルが固い、というかキャラメルみたいにねっちりして、歯の詰め物が取れないか心配になる系の歯ざわり。味は好きなんだけど、食感がどうも苦手だった。

時間が経つといくぶん外側のねっちり感が和らぐので食べやすくなった。やはりこのお店はクロワッサン系のほうが好みかな

Continue reading

Posted in 菓子・スイーツ | Tagged , , , | Leave a comment