プラトンの隠れ家 ランチ開始

島瀬町に昨年10月頃オープンしたライブハウス「プラトンの隠れ家」。当ブログでも度々紹介しているそば店「ろじ庵」が新しく出したお店だが

今月半ばから、ランチが開始していた。

小さなビルの2階。こじんまりとしたお店で、カウンターは5,6席、テーブル席は3つほどかな。窓からは四ヶ町マクドナルドやアーケードが見える。

ランチはカレーと洋食メニュー。洋食のおすすめセット1280円をオーダー。

ハンバーグまたはチキンソテー、エビフライまたはクリームコロッケをチョイスする仕組み。ハンバーグとエビフライで

先にポタージュスープ。クリームコーンがたっぷりはいって濃厚な味。

ちょっとまって、メインはライスと共に。

洋食屋の王道、といった感じの盛り合わせ。

頭がついたエビフライも身が太くコロモもサクサクて美味しかったが、なんと行っても出色はハンバーグ

ころんと分厚く、肉厚のパテはほどよい火加減で固すぎずやわらかすぎず、お肉の旨味が噛むほどにじんわりと広がってくる。

これにかかったちょっと甘めのソースがまた美味い。ものすごく好みの味。

ライブハウスのランチということで、手軽なパスタランチみたいなものが出てくるのかと思いきや、極めて本格的でトラディショナルな洋食メニューだったので驚いた。食後のコーヒーまでゆっくりといただけた。

30年ほど前に城山町にあった洋食店(ハーベストというお店らしい。ご存知の方います?)のメンバーが再び集って開いたということで、本格的なのも納得。とても小さなお店なので、人口に膾炙してくれば予約必須になりそうだな

夜はもちろんライブハウスとしての営業も今後も継続。4月27日には津軽三味線と民謡のコラボライブが開催されるそうです

Continue reading

Posted in ランチ, 佐世保ランチ | Tagged | 2 Comments

大戸屋 もろみチキンの炭火焼き定食

させぼ五番街にてランチ。今回は大戸屋で

前回食べた鶏唐揚げが美味しかったので、今回もチキンで。もろみチキンの炭火焼き定食をオーダー

平日のオープン直後の入店で、珍しく窓際にほとんどお客さんいない。ただし帰る頃にはテーブル席は8割がた埋まっていた。

味噌汁、香の物付き。ご飯はいつものごとく雑穀ごはん。

香ばしい風味の鶏もも肉。

歯ざわりは柔らかめ。醤油もろみに漬け込んだ鶏肉は醤油もろみのほんのり甘くコクのある独特の風味が染み込んでとても美味。

唐揚げも美味しかったけど、それ以上に好みの味だった。量的にはそこそこ。定食で1000円超えるが、鶏肉1.5倍のものもあり、しっかり食べたいときはそちらが良さそう。

大戸屋はもともとPontaポイント対応だったが、4月から楽天スーパーポイントに鞍替え。ポイントカード同士の陣地争いも激しいのかな? 楽天ポイントはちょうど余っていたので、この日は全額ポイント利用で。ちょっと得した気分でした。

Continue reading

Posted in グルメ | Tagged , | Leave a comment

3and 昆布〆フィッシュサンド

3andで軽めのランチ。

この日は昆布〆フィッシュサンドをオーダー。時価で魚の種類によって価格が変わるが、この日はアジ、520円だった。

イートイン。カフェラテ(430円)をつけて。

でっかいキャンディーみたいな包み方が面白いが

フィッシュサンド、といってここのはフライではなく、「天ぷら」のサンド。

もちろん揚げたてで、けっこうな大きさのアジの天ぷらが2枚入って、なかなかの食べごたえ

アジの切り身そのものももふっくらとして美味。コロモのサクサク感とのコントラストがとてもいい。ほんのり塩気が効かせてあって、ソースは控えめだけど味はしっかり。

パンはだし巻きサンドの白コッペと違い、茶コッペ使用だが、こちらもふんわりとして美味。

GOODCOFFEELABOのブレンド使用のカフェラテも美味。とても落ち着くお店ですが

今ブログを書くためにお店のインスタチェックしていたら、まさかのニュース。

5月12日をもって現在の松浦町バス停前のお店をクローズ、6月中旬に移転オープンするとのこと。

移転先は祇園町。体育文化館の近くということで、行けない場所じゃないけどちょっと遠くなるなあ。

バス利用者としては、現在のバス停前の立地はとても便利だっただけに、ちょっと残念。

Continue reading

Posted in グルメ, コーヒー, 佐世保グルメ | Tagged , , , | Leave a comment

大庄水産日替わりランチ あんこう味噌煮

四ヶ町アーケード内、大庄水産。毎日2つの日替わりランチがあるが

この日はなんと「アンコウ」

950円といつもより心持ち高めだが、これは食べてみないと、ということでオーダー

いつもどおり、ぶつ切り刺し身に味噌汁、香の物付き。

味噌煮と味噌汁はちょいとかぶってるな^^;

アンコウというとグロテスクな風貌だけど、切り身だから普通のお魚の鍋とそれほど変わらないな

ネギがたっぷりはいっているのは臭み取りかな、と思ったけど、白身の切り身はむしろ上品な味わい。

アラカブとかの底魚に近い感じだけど、より上品で、身がしっかりしている印象。

ぶつ切りなため、骨も多く心持ち食べにくいけど、骨の周りのゼラチン質の部分がプルプルして美味しい。

味噌出汁は魚の旨味も溶け込んでいるからか味噌汁より濃厚な味になってる。旨味がしっかり。

やはりアンコウとなると高級魚だからかな、量は普段のランチと比べると心持ち少なめでした。

Continue reading

Posted in ランチ | Tagged , | Leave a comment

さいかい堂 令和バスクチーズケーキ

新元号ネタ第1段

第2段以降あるかどうか不明だけど、多分今後しばらくは新元号にあやかった新商品が和洋問わずあちこちから出てくるに違いないだろう^^;

さいかい堂の令和バスクチーズケーキ

バスクチーズケーキ、最近はコンビニにも登場したりで見かけることが増えたけど、流行っているのかな

ホールで通常価格2160円だけど、5月6日まで1620円。

封を開けるとカラメルの香ばしい香りが

令和なのはボードだけではないかという無粋なツッコミはしてはいけない。

母も食べたのでボードも半分だけど、これ切り分けるとなんか縁起悪そうだな^^;

ほろ苦さのある焦がしカラメルの風味がしっかり。チーズケーキというより、プリンというより、クリームブリュレに一番近い。

ただそこはチーズケーキ、その後にしっかりとチーズの酸味と香りが漂う。口当たりが独特で、ベイクドよりとろんとして、でもレアのようになめらかでもなく、ちょっと独特の口当たり。

甘すぎない味わいで、お酒とも合いそうだ。白ワインとか、冷酒もいいかな

令和ボードはホワイトチョコかと思ったが、ちょっと違った。味はホワイトチョコだが、歯ざわりはキャラメルのような感じ。チーズケーキがほろ苦いので、このボードの甘味が合わさるとちょうどいい感じになる。

ちなみにこのチーズケーキ、カットでも販売あり。税別400円だったかな? ただしカットの場合令和ボードはついてきません。

Continue reading

Posted in チーズケーキ, 佐世保スイーツ | Tagged , , | Leave a comment