独歩 キャベツラーメン

 

随分と久しぶりにサンプラザアーケード近くのラーメン「独歩」へ

昼時は並んでいることもあるのでなかなか行けなかったが、久しぶりに行ったらいつの間にか食券制導入してて、ちょっと戸惑ったり^^;

キャベツラーメンをオーダー。750円。麺の硬さは普通で

11時半位なのにすでに席は半分以上埋まってた。

 

キャベツラーメンだから当然だけど、キャベツはかなり多い。

柔らかくなるまで火が通って、甘みが強く出ている。豚骨醤油の濃厚スープが売りのお店だが、キャベツが入るとマイルドな味わいになる印象。

 

中太の麺は前に食べたときと変わらないが、チャーシューは前はこんな感じだったっけ?

分厚くてチャーシューというより豚テキを思わせるような歯ごたえ、ほどよい脂身が美味しい。

しっかりあっさり系ともとろとろこってり系とも違う、でもコレ美味い。一度チャーシュー麺も食べてみないとな。

今回もスープまで完食でした。

Continue reading

Posted in ラーメン, 佐世保グルメ | Tagged , | Leave a comment

そじ坊 蟹ちらしご飯定食

 

させぼ五番街「そじ坊」にて。

期間限定メニューで「蟹ちらしご飯」の定食が登場していたので、オーダーしてみた。

実を言うと蟹はそこまで好物というほどでもないんだけど、940円という価格はなかなか魅力。おそばとのセット。かけそばとざるそばから選べるが、やはり今の季節はかけそばで。

 

蟹といくらの載ったご飯。

他の具材はきゅうりに錦糸卵とシンプル。添えられた醤油とわさびで味を調節するようになっているが、そのままでもほんのり塩気が効いている。今回はわさびを少し効かせて食べた。

ごはんの量に対して蟹の量はけっこう多く、存在感はしっかりしている。

 

おそばはごくシンプルなかけそばだが、天かすが別に添えられている。後のせでいただくとサクサク感がしっかり残って美味しい。

蟹だけあって、量的にはそれなり。個人的にはちょうどよかったけど、量が欲しい人はサイドオーダーがほしいところかな。

 

今回はお茶請けで出てくるそばかりんとうを購入。一袋360円ですが、かなり量が多くてお得感あります。そして美味い。

Continue reading

Posted in うどん・そば, グルメ | Tagged , | Leave a comment

飲むマスカットの酢

 

親戚からのいただきもの。

「酢」。

なんじゃそれ、と思ったが、現物を見て納得

 

水やお湯で割ってそのまま飲むタイプのお酢

母が物産展でたまにリンゴ酢を買ってくるが、そのタイプのお酢か。

2本入っていたが、まず飲んでみたのは「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の酢。

飲み方はお湯または水で5倍に割って飲むのが基本とのこと。寒いこともあり、まずはお湯割りで

 

まず飲む前から、しっかりマスカットの風味が広がっている。

味わいもしっかりとマスカット。酢だから酸味ももちろんあるけど、マスカットの香りと甘みが酸味に負けてない。

これは美味しい。飲める、とかいう前に、とにかく美味しい。

名古屋の高島屋の「オークスハート」というお店のもの。高島屋を中心に全国店かしいているようだが、元は岐阜の酢蔵「内堀醸造」が始めたものらしい。

もう一個のりんご酢はまだ開けてない。こちらも楽しみ。

Continue reading

Posted in ドリンク | Tagged | Leave a comment

常盤町かつ亭 魚フライランチ

 

させぼサンプラザアーケード内、常盤町の「かつ亭」でランチ。

とんかつ専門店でオーダーしたのは、何故か魚フライ。ランチメニューで700円だった。

 

ランチ構成はとんかつランチとほぼ一緒。とんかつの代わりに魚フライ、タルタルが添えられているのが違いくらい。

白身魚ぽいけど、魚の種類まではわからず。そこそこ厚みもある。揚げたての衣はさっくり美味しい。

とんかつのようにキャベツの千切りがたっぷりもられているけど、やはり魚だとあっさりなりすぎる印象。とんかつのときはキャベツには何もつけない事が多いけど、今回はテーブルのオーロラソースをたっぷりかけて頂いた。

やはりとんかつ屋さんの本領はお肉ですね^^;

 

Continue reading

Posted in 佐世保ランチ | Tagged , | Leave a comment

移転オープン麺や潮風 潮帆

 

浜田町の「麺や潮風」。9月に京町に移転したが

ようやく行ってきた。

たしか前に「喜楽」が入っていたと思う。前の店より広くなった。和モダンな雰囲気だった浜田町に比べ中華料理店舗さが強いのは「喜楽」だった頃の名残かな。カウンターが厨房前だけでなく壁際にもあるので、一人客には便利。

 

オーダーしたのはオーソドックスに、白波、じゃない、名前が変わって「潮帆」。しお、と読むらしい。

温玉トッピングがオススメ、ということだったので、それでいただく。

雑炊セットも気になったが、そこまでお腹が空いてなくて、ご飯まではいいかな、という気分だったので、次の機会に

 

久しぶりの潮風のラーメン。あっさりとしたスープは浜田町のときよりより上品に洗練されたような。縮れ麺も美味しい。チャーシューは鶏かな? あっさりと歯切れのよく、ほのかに香ばしい。

温玉を崩すと、さらに味わいはまろやかに、そしてちょっとまったりと変化。そのままのキレの良いスッキリとしたスープもいいけど、黄身の溶け込んだ味わいもまたいいな。あと黄身も美味しいんだけど、白身のふわふわ感がスープと良く合ってます。

もう当然のごとくスープまで完食。移転してもちょくちょく足を運ぶことになりそうです。

Continue reading

Posted in ラーメン, 佐世保グルメ | Tagged , | Leave a comment