香蘭 皿うどん

福岡に行く前日になるので、結構前だが

佐世保駅高架下「ろくてん通り」の香蘭で皿うどんを

太麺は前に食べたので、今回は細麺で。

オーダーしてから出てくるのはあっという間

パリパリのスナックのような細麺は、太麺以上にらしい皿うどんの個性。香ばしさがたまらない。

具沢山のあんも美味、お隣の大善と比べると塩気が控えめで、上品な味つけ。さすがにこの季節だと牡蠣は入ってないが野菜に魚介、豚肉まで食べごたえ十分。

熱々の餡の蒸気で蒸されて、パリパリの麺が食べている間に見るみる柔らかくなってくる。

食感だけでなく、柔らかくなるにつれ嵩がなくなって、ぺちゃん、となってくるのが面白い。パリパリ状態の麺も美味しいが、しんなりなってあんと一体になったようになった状態もまた美味しい。

並盛りだけど食べごたえ十分。

Continue reading

Posted in グルメ, 佐世保グルメ | Tagged , , | Leave a comment

THE CITY BAKERY BAR AND BURGER RUBIN

福岡行きの夕食、あまり動く気が起きず、ホテルのあるソラリアプラザ内で済ませることに

1階にあるバーガー屋さんがちょっと気になったので、行ってみることに

警固公園側にある「ザ シティベーカリー バー アンド バーガー ルービン」というお店。長っ

ラムバーガー600円にプラス500円でポテトセット、ドリンクはさらにプラス200円でアルコールに変更できる、ということだったので、ジンジャーソーダのハイボールにした。

先にハイボール。おつまみも3種類きた。麦チョコ3粒くらいしか食べなかったが(笑) 

ハイボールはそれほどアルコール度数は高くない感じ。いつもは速攻で酔いが回るのに、今回はそこまでなかった

遅れてラムバーガーとポテト。

ラムバーガーはちょっと小ぶり。オーダした時、店員さんがバンズがあるか確認してたが、どうやら他のバーガーとは別のバンズを使っているらしい。マフィンのような、より弾力が強めのモッチリしたパン

パテはちょっと分厚くて、歯ごたえがある。味も濃い目で、パテというかソーセージっぽい。

具材はシンプルにチーズと赤玉ねぎのみだけど、コレがこのパテとバンズとよくあっている。

小ぶりなんだけど肉厚だからか、見た目より食べごたえあり。ポテトの量も多く、美味しかったのも嬉しい。もう一杯くらい飲みたくなったけど、下手すると翌日帰れなくなるのでここは我慢(基本弱い)

メインはバーガーとはいえ雰囲気はバーみたいで旅先の勢いでないと入りづらい^^;) フレンチトーストのIvorishとはまた違う意味で場違い感だったけど、ランチだけでなくモーニング営業もあるらしい(平日8:30~)。場所も便利なので覚えておいて損はないお店です。

Continue reading

Posted in グルメ, たび, | Tagged , , , | Leave a comment

12年ぶりのソラリア西鉄ホテル

今回の宿泊はソラリア西鉄ホテル

急に決めた福岡行きだったのでぎりぎりということもあり、しかも金曜日でとにかくどこも空いてなくて、予定したより倍以上の宿泊費に。ここ以外だったら残ってたのは5万くらいの部屋とかしかなかった。

一時期は福岡行きのときはちょくちょく泊まってましたが、今回は12年ぶり。

いつの間にかロビーが1階から6階になり、客室も改装中。今回泊まったのはリニューアル済みのスーペリアダブル。通常料金28600円の部屋ですが、改装工事中に付き特別価格ということで朝食付き26200円。勢いで宿泊したけどよくこの価格で泊まったな。自分(汗)

宿泊等のエレベーターホール。昔は極めてオーソドックスなシティホテル、という意匠でしたが、リニューアル後はどうやらジャパニーズモダンを全面に押し出すんじゃないかな。ちなみにフロントが6階になって、フロント通らずエレベーターに上がれるようになってますが、カードキーをかざさないと客室階のボタンが押せない仕組み。最近はこの仕組多いみたいです

部屋自体は昔泊まったシングルやダブルと同じはずですが、少し狭く感じる。

ベッドはかなり大きい。クイーンサイズくらいかな? デュベスタイルになっていたので寝心地も良かった。

椅子が2台に丸テーブル、椅子はどちらも座りごこちがいい。ライティングデスクは無し。ビジネスより観光向けにコミットしてるのかな? 昔は旅行に記録メモするのも手書きだったけど今はスマホだから、完全に仕事で泊まるならともかく、ライティングデスクはなくてもそんな不便じゃないんですよね。

収納スペースが広いのは使いやすい。金庫も設置してあった。空気清浄機能付きの加湿器も用意してあって、喉が弱いので助かった

部屋の備品で面白かったのはillyのエスプレッソマシンが用意してあったこと。

ネスプレッソみたいなカプセルタイプのマシンで、通常のエスプレッソとデカフェの2種類が用意されてた。

なかなか本格的なエスプレッソが抽出される。エスプレッソなので量が少ないが、お湯を足せば(電気ポットも用意されてる)アメリカーノになる。ちなみにカップは伊万里焼の青白磁。

少し狭く感じる、と先に書いたけど、多分実際に狭くなってる。理由はコレ

バスルームが広くなってる。

バスが洗面とトイレから独立。シャワースペースが設けられている。ちなみに洗面、トイレはゆったり。バスタブも結構大きめだけど、洗い場はどう考えても幅が狭すぎ。ちょっと落ち着かない。

とはいえ、普通のユニットバスに比べると格段に快適なので、アメニティのバスソルト入れたりして宿泊中に合計4回風呂に入った(入りすぎ)

アメニティは高級感のある木箱に収められている。大川組子という伝統工芸品らしい

部屋とバスルームがガラス張りになってる構造も最近多いみたいだけど、開放感があって広く見えるからかな? 個人的にはあんまりすきじゃないかも。風呂はまだしもトイレに開放感はいらん(笑)

窓からの眺めが良ければまだいいかもしれないけど、今回泊まった北側の部屋はこの眺めだしねえ^^; 昔からこうだけど、屋上しか見えないのは仕様だからしょうがないとして、せめてもうちょいきれいにならないもんだろうか。

Continue reading

Posted in 宿泊 | Tagged , | Leave a comment

豆香洞コーヒー

福岡行、一日目の大宰府の帰り道。

西鉄利用だったが、途中白木原駅で降りて

豆香洞コーヒーに行ってきた

西鉄の線路沿いにあるので場所はわかりやすい。

お店に入って右側が焙煎所、手前が販売で、奥が喫茶スペース。

カウンター5席、テーブルが2つだったかな。大きくはないが、豆香洞というと販売メインなイメージだったので、意外と喫茶店としての機能もしっかりしてるんだな、という印象

メニューはほぼ飲み物、コーヒーのみ。「エチオピア ハイレセラシエ」をオーダー。それとプラス50円で黒棒を。これが唯一のイートメニューかな?

コーヒーはドリップ一杯建てらしい。奥にはエスプレッソマシンもあったみたいなので、ラテ系のメニューはそちらかな

ロータスカラメルビスケット付。ノリタケのカップで出てくるあたりはちょっと高級感がある

比較的浅煎りの豆ということだったが、ボディ感も意外とあって、、なおかつフルーティなエチオピアらしい香りもさわやか。バランスが取れて美味。ナチュラル1種とウォッシュド2種の3種のエチオピアのブレンドとのこと。万人受け目指しながらエチオピアナチュラルのフルーティな香味も活かす、といった感じかな

黒棒もコーヒーとよく合います。一般的なものより甘味に品がある感じだったような。

お店は小さいけど、店員さんはものすごく多い。7,8人はいたんじゃないかな。喫茶だけでなく販売、それに焙煎もあるためだと思うけど、さすが焙煎世界一の称号を持つお店。お客さんも多かったです。

Continue reading

Posted in コーヒー, たび | Tagged , | Leave a comment

ハニー珈琲 FGN店

前回紹介のフレンチトーストの「Ivorish」。店の向かいが小学校の校舎だったのだが

学校としては閉校しているようで、なにかテナントが入っている模様

チェックすると、テナントの一つに「ハニー珈琲」の名前が

翌日、ホテルのチェックアウト後に朝一番で行ってみた。

校舎に入って右側。

中はこれぞ「コーヒー教室」。黒板にメニュー

FGN、というのは「Fukuoka Growth Next」の略。官民一体型の企業支援施設でこのお店でも月1回起業支援セミナーを開いているとか。一説によると「福岡の意識高い系の巣窟」カフェと言われているとかいないとか^^;

オーダーしたのは「ホンジュラス」のストレート。それにパストラミサンド

コーヒーはもちろんフレンチプレス式。蓋を開けた途端にフルーティな香りが。なんというか、トロピカルフルーツ系。味わいも酸味がいくぶん強めで、個性が強い。

パストラミサンド。コレはかなり美味い。

たっぷりパストラミに、レタスもたっぷり、クリームチーズのまったりした甘味と酸味がいい味出してる

大名小学校跡、再開発事業が進行中とのことだが、この旧校舎はどうやら保存する方向らしい。ただこのハニー珈琲は1年半の期間限定とのこと。昨年4月オープンということだから、今年の9月までの営業予定なのかな? 

Continue reading

Posted in グルメ, コーヒー, たび | Tagged , , | Leave a comment