六本松421

先週の福岡行

第一の目的地は、六本松。3年ほど前に九州大学跡地にオープンした六本松421へ。

天神南駅から地下鉄七隈線で六本松まで。七隈線を利用するのは初めて。最近できたばかり、と思っていたが、2005年開業だからもうすぐ15年になるのか。ホームドアが設置されている。空港線もいつの間にか設置されていたが、こちらはオープン当初から備えてあったらしい。

六本松を降りて、地上に出ると目の前が六本松421の入口。

六本松は25,6年ぶりくらいかな。とある資格試験の会場が九州大学だったため訪れたことが一度あるのみ。ちなみにその時の九州大学についてはほぼ記憶から消えているが、唯一「むちゃくちゃ古い」ということだけは覚えている(笑)

六本松421,中に入ると1階は食品スーパー(といってもお高そうな高級系)、それに和菓子、洋菓子店などあって百貨店デパ地下の雰囲気。

エスカレーターで2階に上がると、六本松蔦屋書店

スターバックス併設はさせぼ五番街のTSUTAYAと同じだが、雰囲気はちょっと違うな

ライススタイル提案型を謳うだけあり、書籍以外の雑貨が多いのが特徴。文具だけでなく、食器、キッチンウェア、更には生活家電、それに衣類もあり、なかなかのなんでもあり感。区分けが独特、というか渾然一体となっている感じなので、普通に雑誌でも買いに訪れたら盛大に迷いそう。

昼時だったのでスタバも大繁盛。イートインスペースだけでなく、書籍コーナーに設けられたベンチでも飲食は可能なようで、慣れないと逆に戸惑う感じ。

3階には福岡市科学館が。プラネタリウムもあるが、時間もないし今回は割愛。プラネタリウムという歳でもないので^^;

スタバ以外にも飲食店が併設。サンドイッチショップの「BY ME STAND」でランチ。

ランチタイムメニューの「マッシュルームアイ」とドリンクのセット1000円を。ドリンクは炭酸水にした。

メニューはホットサンドとスイーツ、価格はスタバより高めだけど、イートスペースは書店から完全に独立しているのでゆっくりくつろぐときにはこちらが良さそう。

目玉焼きのポンとのったクロックマダム風のホットサンド。中はマッシュルーム、チーズなどが挟まれていて、チーズの濃厚さが美味しい。

今ひとつ食べ方が分からず(目玉焼きのってるからかぶりつくわけにも行かないし)なかなかに高級カフェな雰囲気でもありちょいと緊張しました^^;。

Continue reading

Posted in グルメ, たび | Tagged , , , | Leave a comment

KAMAKIRI COFFEE

福岡行。薬院周辺のカフェにはmanu coffeeクジラ店の他にもう1軒

1日目に訪れた「KAMAKIRI COFFEE」

「manu coffee」やすぐ近くにある「REC COFFEE」と比べるとメジャーな名前ではないが、ある意味いま福岡で一番注目のコーヒー店

2月15日にオープしたばかりのお店は福岡東映ホテル1階、ロビーの隣りにある小さなお店。エスプレッソと糸島産の小麦を使ったパンが売りだが、一番の注目はこちら

コーヒーミル。

電動グラインダー「EG-1 v2」。独特の外観が目を引くが、価格は日本円に換算して約36万円。

元アップル社のエンジニアで現在福岡は糸島在住、カマキリワークショップ代表の、ウェバー・ダグラス氏がアメリカ在住のCGクリエーターと共同設立した「Lyn Weber Workshops」の看板商品。アップルとCGに糸島が合わさって36万円のコーヒーミルになるというのはなにかの三題噺みたいだが^^; 今年はじめ頃の日経新聞にて紹介されているのを見てオープしたら行ってみようと思っていたお店。

数坪ほどのスペースで一見テイクアウトのみのコーヒースタンド風だが、イートインも可能。イートインスペースが東映ホテルのロビーと共用になっているため。かなり古いホテルだが、リニューアルを機にカフェが入店した形らしい。このスタイルも面白い。

今回は時間がなかったのでコーヒーのみ。COFFEE BLACK 500円。店員さんが席まで持ってきてくれる。比較的浅煎り系で明るい飲み口。ボディ感もしっかりしている。珈琲豆はストレートはなく、1種類のみの模様。ハニー珈琲のブレンドらしい。

紙コップもなんだかいい感じ。メニューによっては陶器のカップで提供しているらしい。福岡の高取焼というのが地元愛を感じます。

グラインダーはかなり大きいので一般的な家庭向きではなさそう。そもそも価格が^^; 音は静かな感じ。ちなみに臼歯は電動式と共通の手回し式もあるそうです。10万円ちょいするそうですが

Continue reading

Posted in コーヒー, たび | Tagged , | Leave a comment

manu coffee roasters クジラ店

福岡へ1泊2日で行ってきた。

日にちは前後するが、2日の午前中に寄った薬院駅近くの「マヌコーヒークジラ店」から

天神からひと駅の薬院、更に一駅先の平尾といったあたり、一昔前までは地方からのおのぼりさんにはそれほど縁のない地域だったが、ここ数年で名のしれたコーヒーロースターが次々と登場、コーヒー好きにとっては天神以上に目の離せないスポットになっている。

マヌコーヒークジラ店もまた2017年7月に開業したばかりの比較的新しいお店。薬院駅から路地に入って2,3分のところにある黄色い外観が目を引く建物。

1階は物販スペースと注文カウンター、その奥にはロースターも鎮座し、カフェのような工場のような独特の空間。マキアートとクッキーを注文

カフェスペースは片隅にちょこっとなのでテイクアウト専門かとおもいきや、2階にも席があると、そちらに上がってみると

かなり広い。

小上がりまである

奥の壁際の一人席へ。

建物自体はかなり年季が入っているようだ。独特の雰囲気だが不思議に落ち着く居心地の良さ。

マキアート、煎りは浅めなのか、ほんの少しフルーティな酸のかかった甘みがきいているのが美味しい。

クッキーは全粒粉かな? あまり固くなく、さっくりした食感で美味しい。目の部分はコーヒー豆。食べられる

帰りがけにコーヒー豆も購入。ケニアにしました。「ケニヤ カリンガ ウエットミル」。やはり煎りはいくぶん浅めな感じ。マスカットみたいな爽やかなフルーティさが美味でした。

Continue reading

Posted in コーヒー, たび, 菓子・スイーツ | Tagged , , | Leave a comment

はなまるうどん 塩豚丼セット

させぼ五番街のはなまるうどん、再び利用

今回もオープン間際。朝食食べてなかったので、ランチというより遅めの朝食で。たしかごはんものとのセットがあったはず、と思ってたらミニ塩豚丼があったので、それときつねうどん(小)のセットをオーダー

合わせて580円。うどんは前回美味しかったかまたまのリピートもも考えたが、約10分の茹であげ時間がネック。本当にお腹ペコペコで早く食べたかったので、今回はきつねうどんに。

塩豚丼、ミニと言いつつそこそこボリュームあり。

あとおもったよりつゆだく。塩というのであっさりめを想像していたが、なかなかしっかりとした食べごたえだった。

にしてもどこかで食べたことあるような、と思ったら、去年の9月に四ヶ町のはなまるで食べた塩豚おろしぶっかけの豚肉と共通なんだな^^; ともあれ、安くでお腹膨らませたいときはいいチョイス

はなまるのきつねうどんはたぶん初。あげは見た目ぺたっとして、ふんわり感に乏しく固そうだけど、食べてみると甘いだしがしっかり染み込んで、ふんわりジューシー。十分満足できる味。この甘めのあげの出汁が混じる分、いつものうどんよりつゆが飲みやすく感じました。

Continue reading

Posted in うどん・そば, グルメ | Tagged , , , , | Leave a comment

ホカニナイ立ちカフェ カフェチョコラータ

佐世保玉屋前の保険屋併設カフェ「ホカニナイ立ちカフェ」。

2月ははなはな表紙でイタリアンチョコラータが紹介されていたが、今回はならでわ!の方で紹介されていたカフェチョコラータを

イタリアンチョコラータの方は前に飲んだことがあるから、なんだけど、当ブログでは紹介してなかったらしい。昨冬に飲んだのは間違いないんだけど

イタリアンチョコラータとカフェチョコラータの違いは、エスプレッソ1ショット入っているか否か

ということで、今回飲んだカフェチョコラータはエスプレッソ入り。いわゆるカフェモカの濃厚バージョンみたいな感じ。

飲んでみると濃厚なチョコレート感の中にも、たしかに感じるエスプレッソの存在感。

ビターテイストが味わいを程よく引き締めている。エスプレッソなしのイタリアンは甘みが濃厚すぎるきらいがあるので、個人的にはこちらのほうが飲みやすいかな。

変わらないのはチョコレートが相当濃厚なのか、飲み物だけどかなり腹持ちがすること。ちょっとした軽食にもなりそうな飲みごたえです。

Continue reading

Posted in コーヒー, 佐世保グルメ | Tagged , | Leave a comment