Coffee County Fukuoka

5月の福岡行、2日目。エトワールコーヒーを出た後も、さらにもう1軒コーヒーショップへ

歩いて10分ほど、高砂にある「Coffee County FUKUOKA」

久留米にあるCoffee Countyの福岡店。焙煎は久留米の本店のみで、こちらは販売とカフェ

珈琲豆(200gから)を買うと1杯コーヒーサービスということだったので、1袋購入して、お店ではルワンダをオーダー

そこまで狭くはないが、手前が物販スペースになっているので、座席数は10席くらい。幸い先客はおらず中央のテーブル席へ

謎のオブジェが。価格を見ると結構高い。

奥のスペースにはアート系の雑誌が。この日は東京にある「UTRECHT(ユトレヒト)」というお店のポップアップショップが開催されていて、テーブルの上のオブジェもその関連の商品だったらしい

お店眺めていてコーヒー淹れるところを見てなかったが、たしかカリタウェーブドリップで淹れていたような

ガラス製のカップでの提供。長野のガラス工房の特注品らしい。いろんなところにこだわり感じます。

ここの豆もかなり浅煎りみたいです。柑橘、というかレモン系の酸を感じました。すっきりとさわやかな口当たりのコーヒーです

購入したのはホンジュラス。ビエバ農園

ベリー系の酸味がさわやかですが、珍しいのはそのあと口。緑茶のような甘渋い香りが鼻を抜けます

うまく入れないのとなかなかこのフレーバーが出てこないのですが、個性的な味わいでした。


COFFEE COUNTY FUKUKOKA
福岡県福岡市中央区高砂1丁目21−21
営業時間 11:00~19:30
定休日 水曜
COFFEE COUNTY ホームページ
COFFEE COUNTY Facebookページ

※2019年5月現在のデータです


This entry was posted in コーヒー, たび and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です