湯布院金鱗湖・レストラン洋灯舎

 引き続き湯布院。
 
 一日目の昼食は金鱗湖ほとりのペンション豊の国1階にあるレストラン『洋灯舎(らんぷしゃ)』。ペンション内と言うことで家庭的な洋食屋を想像していたが、意外にも正統派のレストラン。

 一人のため窓際の席には座れなかったが、金鱗湖側は全面窓、眺めは最高によい。ペンションと言うより、リゾートホテルのメインダイニングのような感じ。お隣のグループは宿泊客らしい。おじさんの一人は浴衣姿。メニューを見る。ランチセットはすべて1500円。豊後牛のハンバーグセットが人気というので、それを注文。IMGP0874

 お隣はステーキを注文したらしい。冷めないようにか、油紙?で回りをくるんで運ばれてきていた。ほどなく、こちらのハンバーグも到着。

 ハンバーグの王道と言った趣きの、癖のない味。肉そのものの味もいい。つなぎは少なく、ナイフを入れるとほろりと崩れる。スープとサラダ、ライスが付くが、量は少なめで、小食の僕でも腹八分。食後のダイダイのシャーベットがすっきりしていい。IMGP0877

 食後、店を出て、湖の反対側からレストランを見る。古いがなかなか風格のある建物が湖に映えていた。ペンションと言うより旅館の趣きだが、もともとは金鱗湖旅館という宿だったらしい。

レストラン洋灯舎
 〒 879-5102 大分県大分郡湯布院町川上1561


This entry was posted in グルメ, たび and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です