湯布院の宿 補足 ~ちょっと困ったこと

  お宿 五輪花の部屋露天について、一言。

 露天の湯は源泉と水のコックをひねって、温度調節するのだが、これが使いにくかった。

五輪花の部屋付露天  湯船から離れたところにあるため、いちいち外に出なければならない。2つのコックどちらが源泉でどちらが水かもわかりにくい。

 部屋に入ったとき、宿の人が「ぬるめにしております」というので、信じ込んで何げに中に入ったら、これが熱すぎ。風呂から飛び出て、水を足したが、その日は気温10度以下。とりあえず室内に入って、しばらくして中にはいるが、まだ熱くて室内にUターン。結局これを3度繰り返して、やっと浴槽の中に入れた。

 2度目の入浴以降は要領も分かって、スムーズに入れたが(まず水を多めに入れてぬるめの湯にして、入る直前に水を止めて、源泉だけをちょろちょろ出すようにすれば、ちょうどいい湯加減になる)、もう少しわかりやすくしてほしいもの。

 男一人だから風呂に入っているところを覗かれたとしても恥ずかしくもないが、あのドタバタをもし他人に見られたらかなり凹む。

 同情するなら是非クリックお願いします(笑)

お宿 五輪花
 大分県大分郡湯布院町川北177


This entry was posted in たび, 宿泊 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です