いちごワインはジャム風味

 24日まで佐世保駅裏で春の花市が開催されていたのだが、ここで両親が買ってきたのが花ではなく、苺ワイン。
 珍しいので、早速試飲。

IMGP0966_itigowine  封を開けて、匂いをかいでびっくり。苺は苺でも、これはまさしく、苺ジャムの香り。

 正直引きながらも、グラスに注ぐ。くすんだロゼ、というかちょっと形容しがたい色合いで、見た目は今ひとつさえない。しかし、ジャムの香りはさらに強く。甘いものはけっこう好きだが、ちょっと胸焼けしそう。

 一口。たしかに苺の味が。ただしその香りに比べれば、甘さは強くない。普通のワインと比べれば甘いけど。酸味が強い感じ。
 
 飲みやすい。グラスはあったいう間に空に。ここでまた注げば、その先に待っているのは間違いなく悪酔いの道。翌日は仕事。ここで我慢。

 ボトルを見ると、原材料は佐世保市北部の吉井町のとよのか苺。吉井町はその隣の世知原町とともに、今年の4月1日に佐世保市と合併した。そのため、今年の春の花市では両町の特産品コーナーが設置されたのらしい。ちなみに製造元は、福岡の田主丸町の株式会社巨峰ワイン

 いちごわいん長崎

 

 インターネットで苺ワインを検索すると、あるわあるわ。

  これは小樽 【おたるワイン】 おたる苺ワイン白 やや甘口 720ml

  これは函館 【はこだてわいん】フルーツ北海道 いちごワイン 500ml北海道豊浦産いちご使用

  これは栃木  栃木県産「栃乙女種いちご」ワイン

  和歌山にも  天然いちごワイン 「富士白」

 

 

  やはりジャムの風味なんでしょうか。


This entry was posted in おみやげ, and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です