フランスの素朴派展 ~ハウステンボス美術館

 パレスハウステンボス内、ハウステンボス美術館では「フランスの素朴派」展が開催されていた。

 素朴派=ナイーブアート、と思いこんで、けっこう期待して行ったのだが、実際は・・・・ 婦人誌の扉絵を延々見せられたような感じ。心に響く作品は一つもなかった。華やかだし、そういうのが好きな人にはいいんだろうけど。

 僕の中では、素朴派と言えば、「ねむの木学園」の生徒の作品(2003年3~6月、同所でねむの木ナイーブアート展が開催された)。いい悪いは別として、それとは対極にある作品群だった。

IMGP0992_rosegarden050427  
 4月下旬、チューリップがなくなって間がなかったからか、パレス前庭の華やかさは今ひとつ。入口右手にあるローズガーデンも、まだまだ緑一色。さびしいなあ・・・・

 ゴールデンウィークも過ぎたので、もうそろそろ見頃になっているかも。
IMGP0992_rosegarden03051701 IMGP0992_rosegarden03051702

 ブログランキング参加中です。

フランスの素朴派展 ~花のある暮らし~
 2005年4月22日~7月31日
 パレスハウステンボス内ハウステンボス美術館
 開館時間 9時~18時(入館17時まで)
 入館料 500円


This entry was posted in ハウステンボス, 美術館, and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です