時代屋のレモンステーキ

 佐世保では老舗の洋食屋、時代屋
 十代の頃からよく行っていたのだが、数年前、佐世保駅に近い丘の上に移転、それ以降足が遠のいていたが、先日駅に立ち寄った際、約5年ぶりに足を運んだ。

 勝手に駅から14,5分歩かなければならないと思いこんで、それで足が遠のいていたのだが、実際はわずか3,4分のところ。昔の場所よりよっぽど交通の便はいい。店に入ると、5年前と変わらぬ懐かしさが。もちろん店の間取りはまったく違うのだが、前と同じ雰囲気、空気。店の奥さんの威勢のいい声もそのまま(さすがに老け・・・・ 以下略)。『山の手』に移っても、『下町の洋食』は健在。

 前の僕の定番はハヤシライスだった。今回もそのつもりだったが、”レモンステーキ1000円”の看板につられて、そちらに変更。

 ”レモンステーキ”は佐世保の隠れた名物料理。薄切りの牛肉を鉄板に載せてレモン風味のソース(醤油ベースのことが多い)をたっぷりかけて頂く。発祥は佐世保駅前の『門』というレストラン(ここも移転)。

 そういうわけで、佐世保では比較的ポピュラーなメニューだが、ここで食べるのは初めて。前は2000円くらいしていたので、貧乏人の自分にはちょっと手が出せなかった(今も似たようなものだが)。不景気の波はここにも。金のない身にはありがたいけど。

 薄切り肉だけあってできあがるのは早い。スープ半分も飲み終わらぬうちにもう来た。ほとんど生の肉を、鉄板が熱いうちにひっくり返して食べる。ど真ん中にタマネギが山盛りになっているのが時代屋流か。

 野菜嫌いな人は引いてしまいそうなタマネギの山だが、ここのタマネギは甘みがあって実にうまい。好物だったハヤシライスも大きめに切られたタマネギがメインで、肉がすみっこに追いやられるような感じだったが、それがまたよかった。ソースは醤油ベースにレモンの風味が薫る感じの庶民的な美味しさ。酸味はそれほど強くない。肉でタマネギを巻くようにして頂くと、さっぱりしてまたいい。ライスのお代わりがほしくなる感じ。

 食後はクリームソーダを注文。これも好物なのだが。肉を食べた後はちょっときつかった(苦笑)

 参加中です

下町の洋食・時代屋
 長崎県佐世保市三浦町5-6

2007/1追記

時代屋は2006年7月、佐世保市郊外・三川内地区に移転オープンしました。
詳しくはこちら↓
時代屋ホームページ
ホットペッパー.jp:時代屋

関連記事
 2005/05/27 昭和の味 ~下町の洋食・時代屋のハヤシライス
 2005/05/28 時代屋のデザート ~オレンジババロア
 2005/07/23 暑い日にアツアツの海軍シチュー ~時代屋

東京・ふらんす亭レモンステーキソース
  時代屋のシェフの元で修行して学んだ直伝の味だそうです。

 


This entry was posted in 佐世保グルメ and tagged , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 時代屋のレモンステーキ

  1. maru says:

    ふらんす亭の本家のレモンステーキ・・・さぞかし絶品な事でしょうね!
    一度私も食べてみたいです。レモンステーキってネーミングが絶妙ですよね。名前だけで美味しいって脳みそが思ってしまいます・・
    ふらんす亭のレモンステーキも食べてないですが、食べ比べしたいです!

  2. ステーキとカレーのお店でハンバーグ食べました

    ステーキを中心にカレーやハンバーグなど豊富なメニューが堪能できる「ふらんす亭」全国チェーン展開されているので、ご存知の方も多いと思います。ここはレモンステーキという、高温に熱した鉄板で薄切りの肉を焼き、レモンソースをかけた料理が有名です。 私が行ったのはヨ…..

  3. nao says:

    コメントありがとうございますぅ~!
    時代屋、あっしもかなりのご無沙汰です(苦笑)
    場所も旧スポーツランドに移ってからは1度のみしか
    行ってない・・今週末は地元にて久々のレモンステーキ
    でも食いに行くかぁ~!(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です