瀬戸越・「味荘(バンシトラッセ)」 しもんうどん

 家族で食事に行く機会があったので、瀬戸越町の「味荘」へ。

 僕はこの店は初めてなんだけど、父と母は大野・矢峰に買物に行くたびに、ここで食事しているらしい。

 「味荘」「バンシトラッセ」と2つ名前があるが、レストランに宴会場・斎場などの施設全体の名前が「味荘」、この中のレストランの部分が「バンシトラッセ」となるらしい。一般的には「味荘」でいいのではないか、と。

 店内は昭和の香りのする昔風の喫茶レストラン。けっこう広々している。

 メニューは和・洋なかなか豊富。その中で目についたのが。

 「しもんうどん」

 「しもん」といえば最近テレビでも紹介されたらしいさつまいもの一種の健康食品。さっそく登場か、と思わず注文。母は単品(525円)、僕は天ぷらとのセットを(900円弱、詳しくは失念)。冷・温2種類から選べるが、冷やしの方にする。

 味荘 うどんと握りのセット

 しもんうどんはちょっと時間がかかる、とのこと、先に父の注文した「うどんと握りのセット」(1155円)が到着。こちらのうどんは普通のうどん。握りは1,2個もらった。ちょっと酢がききすぎてるかな、という気もするが、ネタはけっこう新鮮で、けっこう満足できる味。

 少し遅れて、しもんうどん登場。

 味荘 しもんうどんと天ぷらのセット

 細内のめんはほんのり緑色。見るからに健康そう。

 一口。思ったほど芋っぽさはない。色合いを除けば、普通の手打ちうどんとそれほどかわらないだろう。つるんとした喉ごしで、コシのあるめん、文句なしの美味しさ。ハウステンボス「花の家」で食べた稲庭うどんにも負けてない感じ。

 天ぷらも揚げ立て、コロモが香ばしくて美味。エビ、イカ、ナスに、かぼちゃ、マメなど、なかなか数も揃ってます。

 しもんうどんだが、最近登場かと思ったら、もう5年くらいになる人気メニューなのだとか。後から来たお客さんもしもんうどんを注文していた。

 見た目は普通の喫茶レストランなのだが、前述のようにいち早くしもんを取り入れたり、コーヒー用の砂糖に奄美のきび砂糖(後を引かない甘さで美味しかった)を使っていたり、と、なかなか研究熱心なお店、という印象。

 矢峰ー大野周辺は最近急速に開けてきている割に食事するところがあまりない印象なので、ここは押さえておいて損はなし、です。


ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

味荘(バンシトラッセ)
  長崎県佐世保市瀬戸越4丁目10-12
  瀬戸越バス停徒歩1分
  営業時間 11:30~21:30
  味荘のホームページ


This entry was posted in 佐世保グルメ. Bookmark the permalink.

3 Responses to 瀬戸越・「味荘(バンシトラッセ)」 しもんうどん

  1. もちっこ says:

    懐かしいです。以前って言っても何十年前に行った事か(^_^;)

  2. あの辺りはあんまり詳しくないのですが、そんな前からあるんですか。
    やっぱ佐世保にも知らない店が多いなあ。

  3. sora says:

    私もここのしもんうどん食べました~。
    時間かかるけれども美味しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です