菓子舗 梶山 和菓子2種

昨年食べたので、ちょっと前になるが

父母の知り合いがちょっと中央病院に入院していたのだが

お見舞いの際に中央病院から比較的近い大宮町の「梶山」でお菓子を調達していたようで、我が家でも梶山のお菓子が時々食べられることに。

前にも紹介した「和菓子とうふ」や「ゆずもなか」など定番もあるが、季節の和菓子なんかも

梶山 栗羊羹

栗羊羹。

表面を覆っている栗の存在感がありすぎ。下は抹茶羊羹

栗は甘く煮られてしっとりと食べやすく、よく練れた羊羹の抹茶のほろ苦さとのバランスも実にいい

梶山の和菓子

こちらは、椿?をモチーフにした和菓子

梶山の和菓子

花びらを模した外側は練りきり。中は求肥の中に白餡が

見た目もきれいだけど、味もなかなか。

甘いけど、甘ったるくはなく、切れのいい甘さ、という印象。白餡の中に何か入っているのかな?

梶山、いろんなお菓子があるけど、やはりこういったものが本領なのかな?

どちらも190円だったとか。決して安くはないけど、たまにはお茶や濃い目のコーヒーとともに凝ったつくりの和菓子というのもいいもの。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

和菓子舗 梶山

長崎県佐世保市大宮町18-18
大宮町バス停徒歩1分
営業時間 8:30~19:00
定休日 第1・第3・第5日曜日
「和菓子舗 梶山」関連記事

This entry was posted in 佐世保グルメ, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です