博多らーめん「鉄の羽釜」

昨年の秋頃だったか、大和町の国道35号線沿いにあった弁当店「ウイズン」が閉店となり、その後、新しくラーメン屋ができていた

最近知ったのだが、福岡の「だるま」系統のお店なのらしい。

近くのヤマダ電機へ買い物に行った折、ちょっと行ってみた。

大和町「鉄の羽釜」

オープンしてすぐだったので、まだ空いていた。先客はけっこういたが

ラーメンは570円。こってりとあっさりの2種。やはり博多ラーメンならこってりでしょう。麺は固めで注文。

紅しょうがとにんにくはおこのみで

紅しょうがはどのラーメン屋でも定番だけど、にんにくが置いてあるのは珍しいな。潰して入れるらしい。個人的にはにんにくはそれほど好みでないので入れなかった。

ラーメン(こってり)

比較的手早くラーメン登場。具材はネギとチャーシューとシンプル

とにかく濃厚でオイリーなスープが特徴。

ごく細の麺

ごく細の麺と絡んでとても美味い。

スープは濃厚だけど、口触りはマイルド。全然塩辛くはない。だからとても飲みやすい。最後の一滴までしっかり頂いた。

でもどこかで既視感のある味だな、と思ったら京町の「金ちゃんラーメン」のラーメンとよく似ていた。金ちゃんと比べるとややマイルドかな?

金ちゃんも「だるま」系だったはず。姉妹店なのかな? 単に同じところで修行したから同じ系統の味なのか、そのあたりは不明。

量的にはちょっと少なめ、具も少ないので、ガッツりいきたい向きには替え玉かサイドメニューが必要そう。替え玉は120円だった。

本格的な濃厚とんこつは佐世保では比較的少ないので、佐世保のラーメンはあっさりし過ぎで・・・ という人にはおすすめです。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。
鉄の羽釜
長崎県佐世保市大和町871
営業時間 11:30~14:30 1800~2230

This entry was posted in ラーメン, 佐世保グルメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です