カブンスのランチ ポテトハンバーグ

2012/6 追記

カブンス、長期休業の後閉店となっていました
7月上旬に別のビストロが跡地にオープン予定とのことです

現在佐世保では「西海・佐世保食の王国ビーフグルメフェア」なるキャンペーンが展開されているのだが

佐世保の場合、ビーフといえば「海軍さんのビーフシチュー」「レモンステーキ」のイメージが強いのか(そこまで人口に膾炙してるとも思えないが)そればかりでちょっと面白みがない。

むしろ周辺地域のほうが面白そうなメニューが多いのだが、佐世保のお店の中で異彩を放っていたのが本島町の喫茶レストラン「カブンス」の「ポテトハンバーグ」

食べに行ってみた。

正式なメニューとしてはセット780円となっているのだが、3種類から選べるランチメニューの、そのうちひとつが「ポテトハンバーグ」だったので、それにしてみた。量がS・M・Lの3種類から選べるということで、Mサイズを(730円)

で、出てきたランチ。

カブンスのランチ ポテトハンバーグ

やけに種類がたくさん。

よく見るとメインに、ポトフ、ミートグラタン、トマトソーススパ、白身魚フライ、カレーオムレツ、スープ、そしてドリンク付きという内容。

あんまり色々ありすぎて、メインが目立たなくなっているが(^^; メインのポテトハンバーグはこれ。

カブンスのランチ ポテトハンバーグ

ハンバーグを中心にポテトを盛りつけ、チーズを乗っけてオーブンで焼き上げたグラタン風のハンバーグ

アツアツで見るからに美味しそうだが

なにより意表を突かれたのは、レモンステーキ風のレモンソースを使用していること。

前にここでランチ食べた時もポテトハンバーグ食べているが、その時はレモンソースは使われてなかったはず。チキンや豚のステーキにレモンソースを使用するアレンジは見たことあるが、ハンバーグにレモンソースはちょっと思いつかなかった。

ビーフ100%のハンバーグは肉の旨味しっかりで、ポテトのホクホク感、酸味の効いたソースが合わさり、さらに焼き立てアツアツのシズル感が予想外の美味しさ。

まさに組み合わせの妙、レモンソースの可能性を感じさせる一品、

他のメニューも豊富で食べごたえ充分。スパは酸味の効いたフレッシュな感じ、肉じゃがとおでんヲタして2で割って和洋折衷バージョンにしたという感じのポトフ、名物のカレーをちょこっと味わえるカレーオムレツも美味。

カブンス コーヒー

食後の珈琲も美味しかった。ちょっと酸味系で、コクがしっかり。カップは深川製。あまりそれっぽく見えないし、初めて見るタイプ。写真写りが悪すぎるけど、実際に見ると釉薬の色合いがとても良い感じ。

アーケード街から国道隔てて向こう側、感覚的に遠く感じるのかなかなか足をのばすことがないけど、実際行ってみると街からもすぐ。ランチも喫茶利用もおすすめなお店です。


blogram投票ボタン
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。
カブンス
長崎県佐世保市本島町2-7
島瀬バス停徒歩3分
松浦鉄道中佐世保駅徒歩1分
営業時間 8:00~21:00(平日)
定休日 日曜
「カブンス」関連記事

This entry was posted in コーヒー, 佐世保グルメ, 佐世保ランチ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です