実朝の首 葉室麟

「秋月記」が面白かったので再び手にとって見た葉室麟

こちらの方が先に刊行された作品のようで、時代も遡って鎌倉時代。暗殺された3代将軍源実朝の所在不明となった生首をめぐる、和田朝盛一派、北条家、後鳥羽上皇らの三つ巴の抗争を描いている。ストーリー展開は極めて巧み。単純な復讐譚ではないのでまったく先が読めない。

視点がめまぐるしく変わるのでちょっとわかりづらいが、主人公は公暁(実朝暗殺の実行犯)の従者で行きがかり上実朝の首を持ち逃げした弥源太になるのかな?

巻き込まれるような形で和田朝盛一派に取り込まれるのだが、わずか数名の少所帯で北条勢を翻弄する様が小気味よい。

「秋月記」でも主人公たちのグループが知恵とチームワークで権力者相手に立ち向かう描写が多いが、それに共通するものがあるな。今作は派閥抗争ではなくいくさなので、よりダイナミック

実朝の生首奪還戦が一息つくと、今度は朝盛一派が次期将軍候補の赤子を略奪しようとする以外な展開に。敵の讒言に載せられた感が強くて読んでてヒヤヒヤするのだが、そこから以外な人物から真相が語られるクライマックスへの話のなだれ込み方は急展開でサスペンスフル。巧いの一言。

朝盛一派、弥源太以外は武芸者揃いで、いずれも好漢だが、もう少し一人ひとりの個性が際立たせても良かったかな。敵方の安達新三郎や交野八郎といった脇役の方が、影がある分印象に残る。

あまり馴染みのない鎌倉時代が舞台ということで、歴史に詳しくないと彼らが北条に敵対する理由が今ひとつわかりづらい。もう少し長くなっても中盤で朝盛一派の人物描写を掘り下げて、弥源太の成長を丁寧に描いたほうが、終盤の弥源太が北条に捕らえられてからのクライマックスの展開が際立ったのではないか。

読み応えがあり、文章もこなれて読みやすいので、ページ数増えても(定価が高くなる以外は)全然オッケーだったんじゃないかと思います。

blogram投票ボタン
ランキング参加中ですよろしければクリックお願いします。


This entry was posted in 本と雑誌 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です