ラッキーズ むかしバーガー

「ラッキーズ京町店」で佐世保バーガーを。

今回食べたのは「むかしバーガー」

スタンダードサイズ520円、スモールサイズ330円。今回はスタンダードサイズのセットで注文。810円。

ラッキーズ「むかしバーガー」(レギュラー)

やや大き目のハンバーガー。レギュラーサイズは直径13cmとか(お店のパンフレットより)

ラッキーズ「むかしバーガー」(レギュラー)

輪切りのたまねぎがひときわ目を引く。

「ラッキーズ」、個人的には、ステーキバーガーはたしかに美味いが、普通のハンバーガーは今ひとつ、という印象がある。

そのためここのステーキ以外のハンバーガーはしばらく食べてなかったのだが。

このむかしバーガー、食べてびっくり。

美味い。

具材はパテにレタスにタマネギにトマト、ベーコンも卵もチーズも入ってないプレーンなものだが、とてもバランスがいい。

さくっと表面の焼かれたバンズに肉の風味のいいパテ、ジューシーなトマト、ソースの甘口マヨとケチャップもきわめてシンプル。そして極めつけは分厚めの輪切りのタマネギ。

食べにくそうに見えるが、そんなことはない。しゃきっとした歯ざわりのあと、ほんのり後口に残る辛味が甘口のバーガーを引き締めている。

最近はピクルスを入れるお店もたまにあるが、やはりハンバーガーには生タマネギ。このなんのひねりもないピリッとした辛味があるからこそ、甘口の味わいも生きるというものです。

子供のころはバーガーといえば「らりるれろ」や「ヒカリ」の一番安い普通のハンバーガーか、贅沢してチーズバーガー、玉子やベーコンなど手が出せなかったものだが、そのころ食べていた質素な、だけど美味しいバーガーの記憶がフラッシュバックしてきた。

「むかしバーガー」というネーミングからはレトロ趣味的な価値しか見出してなかったが、たしかにこれは名実ともに「むかしバーガー」だ。

それにしても「ラッキーズ」、これだけシンプルな素材でこれだけレベルの高いバーガーを出してくるとは思いもよらなかった。明らかに昔に比べたらレベルが上がっている。

一般的には、ベーコンなど定番の具材なしにしては高価格ということでおすすめしづらいが、個人的には今年食べたバーガーの中ではダントツでフェイバリットだった。

あとポテトがもうちょっと大きかったらより良いと思います(笑)


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

ラッキーズ京町店

長崎県佐世保市下京町1-16
京町バス停徒歩3分
JR佐世保駅徒歩6分
ラッキーズ京町店関連記事
2006/07/30 ラッキーズ 京町に進出

2005/10/31 ステーキバーガーと言えば ラッキーズ(西海パールシー店)

【PR】佐世保グルメ【PR】


This entry was posted in 佐世保グルメ, 佐世保バーガー and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です