天山の鬼瓦最中

もうとっくの昔に終了してしまっている、佐世保玉屋のふるさと九州物産展(24日までだった)

最終日に母が行ったので、まだちょこっとネタが残ってたり(^^;

かさの家の梅が枝餅を前に紹介したが、大宰府からは実はもう一店、来ていた。

「鬼瓦最中」の天山。

早速鬼瓦最中を買ってみることに。

天山 鬼瓦最中

5種類あり、1個ずつの詰め合わせがあったので買ってみる。

天山 鬼瓦最中

鬼瓦の形を模した最中は、かなり大きめ。

まずは白餡を食べてみるが

天山 鬼瓦最中

はみ出んばかりのあんこでボリュームたっぷり

しっかり練られたあんこも美味いが、なんといっても皮の風味のよさが絶品。

香ばしく、歯ざわりもよし。今回の物産展ではなかったが、ここの名物には「アイスもなか」もあるのだが、この皮にはさまれたらアイスもなかも一味違うだろうなあ、と。

ただし、1個食べてしまうと少々おなかいっぱいになりすぎる。次の「梅」は半分に切って。

天山 鬼瓦最中

半分に切るとあんこのボリュームが見た目でもよく分かる。この梅餡も風味もまたよし。

最後に一個残ったもなかも3日後に食べた。ここのもなかは時間がたっても味の変化が少ない。特に皮の風味のよさは時間がたってもほとんど落ちてない。

最後の一個、変わり餡らしいが何の味か今ひとつ分からない。調べてみたら、どうやら苺だった模様。言われれば分かる(^^; ほのかな風味です。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

太宰府参道 天山

福岡県太宰府市宰府2-7-12号
西鉄大宰府駅徒歩1分

太宰府参道 天山 鬼瓦最中(5個入)
(九州まるごとステーション:Yahoo!ショッピング)
こちらは白餡と黒餡の詰め合わせです

This entry was posted in グルメ, 物産展, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

5 Responses to 天山の鬼瓦最中

  1. まりあんぬ says:

    本当においしいですよね。
    私などは、コレを食べたさに太宰府に行っているようなもので^^
    参道で出来立てを歩きながら頂くと大きいのにぺロっと頂けちゃうんですよ。
    皮とあんを別に買うこともできます。
    ぜひ、出来立てを食べにきてください!

  2. yumikoar@ says:

    太宰府といえば梅が枝餅というイメージがあるけど、この最中もぜひ食べてみたいです。参道にあるんですよね。
    遅ればせながら清峰高校の選抜優勝、ほんとに嬉しかったです。決勝戦の日は職場でも社長以下仕事をやめてTVにかじりついての観戦でした。日本の西の端っこの公立高校野球部の快挙、決まった時には泣けてきちゃいました。
    今日は夕方特集番組があるそうですよ。

  3. まりあんぬさん
    皮と餡が別、というのは、福砂屋だったかでもありましたね。
    出来立て食べてみたいです。梅が枝餅といい、大宰府に今行ったらお菓子でおなかいっぱいになりそう(^^*)
    yumikoar@さん
    参道にあるみたいです。前行ったときには分からなかったけど、気がつかなかったのかその当時はまだなかったのか
    清峰は凄かったですね~ 文句なしに強豪高校の仲間入りですね。21世紀には入って体と、甲子園での勝利数は九州1位というハナシです

  4. yumikoar@ says:

    天山の最中で気になるんですけど、画像でグリーンとグレイに見えるのは何餡なんですか。お店に行けばわかるんでしょうけど。

  5. 今回入っていたのは、黒餡、白餡、抹茶、梅、苺、の5種類です。緑は抹茶(たしか八女茶)だけど、グレーに見えるのは・・・ 何かな? 黒餡と抹茶は親に食べられちゃいました(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です