なつかしの駄菓子いろいろ

佐世保玉屋「花の都 味めぐり」期間中、正面玄関前では、昔なつかしの駄菓子が販売されていた。

昨日はもうなかったので、多分物産展期間中の期間限定ではなかったのか、と。浅草の縁日のイメージかな?

1個10円、20円とかそのくらいのお菓子がほとんど。自分は買わなかったけど、飴玉の量り売りなんかもあったな

玉屋入口前でで販売されていた駄菓子 母が買ってきた分

母が買ってきたのはこんな感じ。

で、最終日に行ったときには自分も買った

玉屋入口前でで販売されていた駄菓子 自分で買った分

全部で270円。もうちょっと買ってもよかったなあ

こざくら餅

個人的に、駄菓子屋のお菓子というと真っ先に思い浮かべるのがこれ。

甘ったるくて、すぐ口の中で溶けてしまう食感はなんだか安っぽいけど、すごく懐かしい。


こざくら餅 40入【駄菓子】

ネットでも販売あったり。100個くらい大人買いしようか(^^タベキレナイケド

フラワーヨーグル

フラワーヨーグル。

クリーム系大好きのはしっこのひと、子供のころは大人になったら思う存分、好きなだけ食べたいな~ なんて思ったものですが。

今はこの小さな一つだけ食べるのも一苦労(^^;

なんかいやになるくらいしつっこい甘ったるさ、後口の残り具合。

コチラもネットで販売、これを思う存分食べたら間違いなくメタボ一直線だな(^^; 知らない間に味覚って変化しているものです。

ココアシガレット

ココアシガレット

なんかこういうお菓子あったなあ、とは思うけど、これについてはあんまり食べた記憶はなかったり。食べてみるとココアの風味にハッカのすっきり感。意外と美味しかった。

個人的な駄菓子や体験としては、子供のころ、小学校に上がる前に住んでた家の近くに駄菓子屋があって、よく買って記憶が。

店の片隅には手打ち式のパチンコが置いてあって、それで遊んだりも。大人になったら本物のパチンコ屋で遊びたいと思っていたけど、どうやらここのパチンコで充分遊び足りたようで、20歳過ぎてからはまったく行きません

たこ焼きも売ってあったような。おでんもおいてあったかな。ほかの似たようなお店とごっちゃになっていて、やや記憶があやふや。

もうずっと前に閉店となって、それから空き家になっているが、子供のころは広く感じていたのに、今見るとほんのささやかな建物。。

皆さん懐かしいのか、それと手を取りやすい価格ゆえか、足を止める人もけっこう多かったようでした。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

This entry was posted in グルメ, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です