瓢月堂 ディスカ

大阪の知り合いからのもらい物

瓢月堂 ディスカ

ディスカ、というお菓子

大阪の「瓢月堂」という会社の製造

クッキー菓子かな? 大きさは佐世保のお菓子なら「ぽると」くらいの感じだが、ちょっと軽い感じ

開けてみると

瓢月堂 ディスカ

クッキーではなく、もなか生地

中にあんこと、生クリームが挟んである

昭和時代のモダン菓子、という感じ。

実際に昭和43年の登場という、意外とむかしからあるお菓子だったようだ

なんとなく「ぽると」を連想して、中はまったく別物だったけど、雰囲気は何か共通するものを感じる。

日本が高度成長の道を駆け上がり、日本全体が豊かになる中で、舶来モノが庶民にも手が届くようになったそんな時代の、ちょっとよそゆきの気取ったお菓子、そんなイメージ。

瓢月堂 ディスカ

軽めの歯ざわりのもなかの皮に、あんこは栗あん、

生クリームのふわっと感が、もなかの重さを中和させている。

軽やかだけど、一方で素朴でもあり、なんとなく微妙な長さの歴史を感じさせるお菓子だ。

瓢月堂 ディスカ

もう一方は抹茶あん。あとで食べたこちらの方が定番となるらしい。味的にもこちらの方が好みだったな。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。
瓢月堂

This entry was posted in おみやげ, グルメ, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です