My珈琲久々

市営バス矢峰営業所近くにある「MYコーヒー」

約1年振りに行ってきた。

最近よく通っている「喫茶ジジ」それに「ミューカス」がここのコーヒー豆を使用、ということで、久しぶりに行ってみたくなったのだ

前にコーヒー豆を切らしたときには「ジジ」で買ったのだが(販売はブレンドのみの模様、そのときは中深煎りブレンドを)、その時「MY珈琲で買う方が安い」、といわれたこともあるんだけど。

ただしジジで使われているブレンドはMY珈琲で販売されているブレンドとは別物なんだとか。

店内でコーヒーの喫茶も可能。ストレートは400円。

ブラジルの「ダテラ農園」を飲んでみた。

お口直し、ということか、お冷ではなく炭酸水がまず出てくるのが専門店らしい

ここのコーヒーは円筒型紙フィルタの「コーノ式」。

My珈琲 ブラジル ダテラ農園

やけに高級感のあるカップで登場。ソーサーの裏をみてみると、ロイヤルコペンハーゲン、と。

味わいは酸味はほとんどなく、しっかりとしたコクと濃厚な甘い香りが利いた、きわめて好みの味

ブラジルのコーヒー農園の中でも最も最先端の技術を取り入れた農園なんだそうで、入荷も麻袋ではなく、真空パックした物をダンボール梱包となるらしい(ペンタボックスと呼ばれるものらしい)。

My珈琲で買った珈琲豆

当然この豆は購入決定。このダテラ農園の他に、グァテマラ・サンタカリーナ農園、タンザニア・ブラックバーン農園をそれぞれ100gずつ購入。ストレートコーヒーは100g500~600円とのこと。

ブラジル ブラックバーン農園

ブラックバーン農園は「ジジ」でも数回いただいたコーヒー。ジジさんでいただくブラックバーンは、最初すっきり系の味わいから温度がさめるにしたがって独特の甘い香りが広がる奥行きのある味わいが特徴だった

自分で淹れた珈琲は、最初から甘みは強くでているものの、その分、温度が下がってもそれほど味の変化はなし。

ちなみに自分でで作る珈琲は豆の量約15gくらい、ネルドリップで出来上がりは80~90mlくらいのデミタスサイズ。

思った以上に個性的だったのが「グァテマラ・サンタカリーナ農園」。

作り方は上記と同じだったけど。

出来上がった珈琲を飲むと、さわやかな酸味とコクのバランスのとれた味わいを覆うように、ほのかに香辛料のような、つんと軽く刺激のある香りが。

サンタカリーナ農園のコーヒーについて調べてみたけど、スパイスのような風味、とはどこにも書いてなかった。ともあれこういう風味は初めて。この独特の風味が味にアクセントをつけていて、とても美味かった。

ちなみに2日後に淹れたときには、スパイス風の風味はなくなっていた。それはそれで普通に美味しかったけど、ちょっと残念。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

My珈琲

長崎県佐世保市矢峰町170-4
矢峰バス停徒歩1分
営業時間 11:00~19:00
定休日 毎週月曜 およびその前後どちらか1日
関連記事

This entry was posted in コーヒー, 佐世保グルメ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です