セブンイレブン 博多 だるま

昼はともかく、夕方になるとだいぶ涼しい今日この頃。

しばらく控えていたカップ麺もいただきやすい季節になって来た。

セブンイレブンオリジナル 博多 だるま

で、セブンイレブンのオリジナル「だるまラーメン」

8月4日から九州・山口のセブンイレブンで限定発売だったそうだが、9月になってからあるのに気が付いた。8月はカップめんコーナー素通りだったからな(^^;

「だるま」どこかで聞いたことあるな、と思ったら

「秀ちゃんラーメン」の系列店らしい。

佐世保は下京町にある「金ちゃんラーメン」が秀ちゃんラーメンの流れをくむお店だったように記憶しているが。これでもかと濃厚なとんこつスープが特徴だったが

ということはこのカップ麺も濃厚とんこつ系か。

セブンイレブンオリジナル 博多 だるま

麺は博多らしい細麺。かやく、あとのせかやく、スープはあと入れの液体スープという内容。

標準はお湯入れ3分だが、バリ固だと1分半、固めだと2分、と。2分で作ってみた。

2分後、液体スープを入れてよく混ぜ、最後にあとのせかやくを入れて完成。スープは見るからに濃くて、かなりきつめのとんこつ風味。風味、というかとんこつ臭、というか。あとのせかやくは全部ねぎでした。

セブンイレブンオリジナル 博多 だるま

1分半でもよかったかな、という気がしないでもないけど、なかなか本物っぽい麺に仕上がっていて、博多とんこつらしさを十分に醸し出している。

スープも期待通りに、かなりこってり。 こってり濃厚だけどカップめんにありがちなあだ辛さは抑えられ、こちらもまた十分に博多とんこつらしさを出している。

具材は感想かやくのメンマ、チャーシューくらいだが、味は結構いい。量は控えめだけど質は一定ラインを保っている感じ。268円という価格は安くはないけど、300円台も少なくないコンビにカップめんにしては良心的な価格設定では。コストパフォーマンスはむしろいいように感じた。

博多ラーメン系のカップ麺はあまたあれど、このラーメンはその中でもかなりいい線いっているラーメンではないか、と。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

This entry was posted in グルメ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です