ハウステンボスのチューリップ2013

24日、ハウステンボスに行ってきた。

日曜日、春休み期間中のハウステンボス、ものすごく人多い。子ども連れとか特に。

送信者 20130324 ハウステンボス

 目当てはやっぱりチューリップ

いつの間にか区域名が変更になっていたハウステンボス、オランダの地名をやめてわかりやすくなっていたが、なれないので(と言うかまだ新しい名称を把握してないので)今回までは旧名称で(^^; キンデルダイクのチューリップ畑は相変わらず綺麗。

パレスハウステンボス前庭のチューリップは、例年に比べるとちょっと地味だったような。

ちなみに美術館では「レンブラント展」。銅版画が多く、ちょっと地味だけど、自画像、家族の肖像が多く、なかなか勉強になる。二人の奥さんに先立たれ、子供もほとんどが早世。家族に縁の薄い人だったんだな。

パレスがちょっと地味な分、ビネンスタッド・アレキサンダー広場のチューリップ畑がなかなか見応えあった。

その名もチューリップ広場。そのまんまだけど(^^;

出店やオープンカフェも併設で、今年のチューリップまつりのメイン、といった印象

少し離れて、ワールドバザール横にも花畑が。

こちらも可愛らしくてなかなかいい感じでした。

blogram投票ボタン
ランキング参加中ですよろしければクリックお願いします。


This entry was posted in アート・文化, チューリップ, ハウステンボス, 美術館 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です