2015年元旦 させぼ五番街初売り

送信者 2015 佐世保あれこれ

 2015年新春初売り。させぼ五番街は1月1日10時からのオープン

特に何も買うつもりはなかったのだが、どんな様子か気になって10時過ぎくらいいぶらりと行ってみた

朝から雪でどうなるかと思っていたが、10時過ぎにはちらつく程度の雪で積もるほどはない。

五番街の客の入りは、まあ平日より少し多いか、といった程度。

アーケード街の新春初売りのような人混みはない。余裕で歩ける。

福袋の売り込みが初売りらしさを感じさせる程度。

11時前だったので飲食店もまだ空いている感じだった。昼以降はどうなったかわからないけど

ちなみに飲食はせず、買い物は石井製菓でアツアツの酒まんじゅうなど買ったくらい。

こういう天気の日にはコンビニにあるようなスチーマーとか、せいろとか前面に出して販売すればもっとお客さん増えそうなきがするけど。。室内のしかもど真ん中という場所に出店しているから、契約上使えないのかもしれないな。

フレスタSASEBO、じゃなくてえきマチ一丁目も五番街と合同で初売り。こちらもやはり、より寂しい感じだった。

1階の広場ではケータリングカーが色々と出店。気にはなったものの、結局買い物はせず。

ちなみに五番街、えきマチの前にはサンプラザ、四ヶ町アーケードもぶらついてみた。

初売りといえば1月2日の早朝開店が定番のアーケード街。人通りがないわけじゃないけど、雪の日にはありがたい風よけありの歩道として活躍しているという感じ。そもそも開いているお店といえば年中無休の全国チェーンのお店くらいだし。

そんな閑散とした雰囲気の中、唯一気を吐いていたのがサンクルに昨秋オープンしたばかりの角煮まんじゅうの「岩崎本舗」。店の外での販売人員まで投入、それに見合う人通りあったのかは不明ですが(^^;



This entry was posted in まち歩き, 佐世保 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です