佐近 はもちらし膳

佐近 はもちらし膳

佐世保玉屋で14日から開催の「第一回京都展」

東京・京都、と言うのは前にあったと思うが、「京都単独の物産展は今回が初、らしい。

早速行ってみた。

まず一番の目当ては「佐近」のはもちらし膳

チラシに載っているのは1296円のものだが、もうワンランク上の1680円のもの、湯引きと竜田揚げが入っているということで、そちらをチョイス。

佐近 はもちらし膳

まずは鱧のかばやき。一見穴子みたいだが、それよりも脂が抜けた感じであっさりと上品な口触り。

佐近 はもちらし膳

続いて湯引き。

鱧というとこれのイメージだが、予想以上にうまかった。骨切りした実の表面の口当たりがふわっとして、ちょっと他にはない独特の食感を生み出している。一瞬魚であることを忘れそうだが、噛み進めていくと、上品な白身魚の味わいが広がる。

佐近 はもちらし膳

最後に竜田揚げ、というか酢漬けみたいな感じ。あっさりした鱧の身に、あっさり目の甘酸っぱい風味がよくあっている。

酢飯も炊き加減がよく、美味しい。角切りきゅうりのさくさく食感、ふんわりした玉子焼き、軽く散らされたいくらの塩気もいい味出している。具材とのバランスがとれているのがさすが。

左近、ちらし寿司の他にも、蒲焼きと湯引きの載ったにぎり鮨もあり。こちらも美味そうだった。

初開催の京都展、名前の知られたお店も多く、予想以上の充実ぶり。九州の西の果てでこれだけ品揃えがあるとは嬉しい誤算だった。

もう1回位行くつもりだけど、予想外の出費になりそうだな(^^;


佐近
京都市右京区御室小松野町25-37
【第一回】 京都展
2015年5月14日~5月19日
佐世保玉屋7階大催場
長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:30(2015/5/1より変更)
ホームページ

This entry was posted in 弁当, 物産展 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です