笹屋伊織のどら焼

笹屋伊織のどら焼

佐世保玉屋の京都展。笹屋伊織も登場。

しかも本店ですら月に3日しか販売がないという、名物のどら焼きが販売されていた。

やはり個数限定なのだろうか。

笹屋伊織のどら焼

どら焼きのイメージを覆す形。

笹屋伊織のどら焼

見た目もどら焼きのイメージではないが、味も同じく。

幾重にもなった生地、もちもちとして、ういろうに似ているかな?

あんこは薄めの色合い、さらっとした口当たりで、上品でいながら甘みもある。

生地のモッチリ感は特徴的だが、本当にシンプルな味わいで、風味や香味が採りたて特別なわけでもない、見た目も素朴、なのだが、素直な甘みが口の中に広がり、不思議と食が進む絶妙のあじわい。

長年の歴史に裏打ちされた、生地とあんこのバランスなのだろうか。

笹屋伊織のどら焼

あとで知ったが、笹ごと切って食べるのが正式らしい。笹を巻いた状態で温めたほうが美味しい、ということで、2食目は笹ごときって、レンジで温めてみる。切るのが大変だったが。

思ったほど笹の風味は写らなかったが、温めたほうが生地のモチモチ感がまして、より美味しかった。


京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
ホームページ
【第一回】 京都展
2015年5月14日~5月19日
佐世保玉屋7階大催場
長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:30(2015/5/1より変更)
ホームページ

This entry was posted in お菓子, 物産展 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です