俵町「宝屋製菓」君衣

前回紹介の「そば処おぐら」に行く途中見つけた「宝屋製菓舗」

前から気になっていたものの、場所を勘違いしていてなかなか見つけきれないでいたのだが、見つけてみるとおぐらからすぐ近くの場所。

おぐらに負けず劣らずの古さ。佐世保の菓子舗なら万徳町の岡村製菓と互角の古さ^^; 天気のためか商品は少なく三種類しかなかったが

買ってみたかったお菓子「君衣」はあった。1個100円

一見厚揚げか、一口大のフレンチトーストみたいに見えるが

中も真っ白なのでやっぱり一見厚揚げ風だが^^;

玉子風味の衣の下は甘くてふんわりの淡雪羹。

口の中でふわっととろけるはかない食感がとてもいい。

そして、ものすごく、甘い。

カスドースにも似た作りだが、カスドースと負けず劣らず、いやむしろカスドースを上回る甘み。

ふわりと淡雪が口の中でとろけると同時に、歯のエナメル質も一緒に溶けていきそうな勢い^^;

濃い目のコーヒーか緑茶がよく合う甘み。この日はコーヒーといただきました。

俵町商店街の店舗紹介によると、創業90年ほどで、初代が関西で修行中に習得したお菓子、とのこと。

関西ではポピュラーなのかな、と思ったが、ネットで調べたところ、同種のお菓子の取り扱いは奈良の一店舗のみ。全国的にもかなり珍しいお菓子のようだ。

甘みが強烈なので好みは分かれそうだが、これは一度食べて見る価値あり。甘いもの好きのはしっことしてはリピ確定です


宝屋製菓
長崎県佐世保市俵町5−7

※2018年1月現在のデータです


This entry was posted in 佐世保スイーツ, 菓子・スイーツ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です