KAMAKIRI COFFEE

福岡行。薬院周辺のカフェにはmanu coffeeクジラ店の他にもう1軒

1日目に訪れた「KAMAKIRI COFFEE」

「manu coffee」やすぐ近くにある「REC COFFEE」と比べるとメジャーな名前ではないが、ある意味いま福岡で一番注目のコーヒー店

2月15日にオープしたばかりのお店は福岡東映ホテル1階、ロビーの隣りにある小さなお店。エスプレッソと糸島産の小麦を使ったパンが売りだが、一番の注目はこちら

コーヒーミル。

電動グラインダー「EG-1 v2」。独特の外観が目を引くが、価格は日本円に換算して約36万円。

元アップル社のエンジニアで現在福岡は糸島在住、カマキリワークショップ代表の、ウェバー・ダグラス氏がアメリカ在住のCGクリエーターと共同設立した「Lyn Weber Workshops」の看板商品。アップルとCGに糸島が合わさって36万円のコーヒーミルになるというのはなにかの三題噺みたいだが^^; 今年はじめ頃の日経新聞にて紹介されているのを見てオープしたら行ってみようと思っていたお店。

数坪ほどのスペースで一見テイクアウトのみのコーヒースタンド風だが、イートインも可能。イートインスペースが東映ホテルのロビーと共用になっているため。かなり古いホテルだが、リニューアルを機にカフェが入店した形らしい。このスタイルも面白い。

今回は時間がなかったのでコーヒーのみ。COFFEE BLACK 500円。店員さんが席まで持ってきてくれる。比較的浅煎り系で明るい飲み口。ボディ感もしっかりしている。珈琲豆はストレートはなく、1種類のみの模様。ハニー珈琲のブレンドらしい。

紙コップもなんだかいい感じ。メニューによっては陶器のカップで提供しているらしい。福岡の高取焼というのが地元愛を感じます。

グラインダーはかなり大きいので一般的な家庭向きではなさそう。そもそも価格が^^; 音は静かな感じ。ちなみに臼歯は電動式と共通の手回し式もあるそうです。10万円ちょいするそうですが


KAMAKIRI COFFEE
福岡県福岡市中央区高砂1−1−23
福岡東映ホテル 1階

※2019年3月現在のデータです


This entry was posted in コーヒー, たび and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です