リッチモンドホテル天神西通

今回の福岡行きの宿泊先は、リッチモンドホテル天神西通

今年3月にオープンしたばかりのホテル。立地がいいので一度泊まってみたかったところ。シングルが満室でツインのシングルユースにしたので、素泊まり12800円とちょっと高くついたけど^^;

天神バスセンターで降りてソラリアプラザから西通りに向かう通称「きらめき通り」を直進して、西通りに出る直前のところ。岩田屋本館の真正面。間口は狭くちょっと目立たない建物。ちなみにこの通りの一つ北側の「サザン通り」側にも入口あり。

1階エントランスから中に入って、正面にはロイヤルホスト。ロイヤルホールディングスのホテルチェーンとなるようです。フロントはロイヤルホスト入口手前のエレベーターを使って2階。

フロント・ロビーは結構広い。ここも自動チェックイン機でのチェックイン。カード決済の場合は暗証番号が必要。客室は3階以上カードキーをかざさないとフロアボタンを押せない仕組み。また深夜の時間帯は入口が施錠され、ルームキーをかざさないと中に入れない。ロイヤルホスト利用の客はどうするんだろう、と思ったが、24時間営業じゃなくて23時で閉店になってた

客室はツインだけど、ちょっと変わった作り。

ドアを開けて目の前が洗面、という。バスルームはその横だけど、トイレとバスはそれぞれ独立。

バスルームは洗い場付き。バスタブはかなり広めで深さもあり、またオーバーフローなしなので満杯にお湯を張れる。肩までつかりたい方なのでこれはけっこう嬉しい。シャンプー・リンス・ボディソープはMIKIMOTO製。使った感じはけっこうよかった

ベッドルームはハリウッドツイン。ツインとしてはそれなりの広さかな。デュベスタイルでセミダブルサイズ、ベッドの固さも申し分なし。

天井中央にシーリングライトがありかなり明るめ。照明はちょっと変わっていて、ベッドボードの上部分がライトになってる。

サイドライトも和風な感じでなかなかいい。メインのシーリングライトを消して間接照明のみつけてもなかなかいい雰囲気だった

デスク回りも結構広め。宿泊中全く気が付かなかったが、この机、可動式で使わない場合は横のボード内に収納できるようになってたらしい。テレビはかなり大画面。もっともつけたのは室内WIFIのパスワード確認のために一度付けたっきり。ここもスマホ(Handy)が置いてあるけどさっぱり使い方わからん^^; どちらかというと海外からの客向けなのかな。むしろスマホ充電器が置いてあるのが便利だった

入り口横の収納スペースは広め。備品も一通りそろっており、ズボンプレッサー、電気ケトル、加湿空気清浄機あり。加湿器は喉が弱いのでポイント高い。浴衣ではなくパジャマが置いてあり、着心地よかった。あとドライヤーがホテルで一般的に見かけるものより大きめで、風力も強めだった。

ビルとビルに挟まれた立地故外の眺めには期待してなかったけど、ツインルームは通りに面していて、岩田屋や西通りが見える。府天神でも人通りが多く、夜遅くまでにぎわう通りだけど、防音はしっかりしているようで部屋は静かだった。

入口・洗面スペースとベッドルームはカーテンで仕切ることができる。カーテンしておいた方が落ち着くが、気が付いたのはチェックアウト直前^^; 

立地重視で選んだが、予想通り、かなり便利天神地下街からきらめき通りに沿って地下道(きらめき地下通路)が通っており、VIORO前の地下道入口までは100メートルちょっと。今回は雨の中の道中だったのでこの点はかなり助かった。真新しくて部屋もきれいだし、天神付近で宿をとるときは有力候補になりそう。


福岡県福岡市中央区天神2-6-16
リッチモンドホテル天神西通(じゃらん)

※2019年7月現在のデータです


This entry was posted in 宿泊 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です