リッチモンドホテル天神西通再び

今回の福岡行き。

今回も1泊2日。宿泊は前回7月と同じく「リッチモンドホテル天神西通

天神バスターミナルのバス降車場から1階にエスカレーターで降りて、きらめき通りを西通りに向かって直進、バスを降りて3分程度で到着の便利さは他には代えがたい利点(ソラリアホテルはもっと近いけど、あそこは宿泊代が倍くらいかかるし)

今回もまずホテルに向かって荷物を預け、3時半頃チェックイン。

今回はスーペリアダブルルームのシングルユースで。じゃらんからの予約で、12000円でした。

前回のモデレートツインよりやや狭いけど、一人なら充分な広さ。ベッドは幅160センチ。この広さだと寛げます。マットレスも硬めで寝やすいし

浴衣ではなくパジャマがおいてある。今回は使ってみたが、着心地が意外と良くて寝やすかった。ここに泊まるときナイトウェアは必要なさそう。

前回と同じく、入ってすぐが洗面台で、バスルームとトイレが独立式。バスタブが深めでゆっくり肩までつかれるのは気に入ってる。いつものごとく夜中に目が覚めてしまったこともあり、チェックアウトまでに3回入った^^;

前回のツインは岩田屋側の部屋だったが、今回は真逆、サザン通り側の部屋。目の前はシダックス。ラウンドワンやゲームセンターの密集する通りで、下を覗き込むと深夜まで人通りが絶えなかったが、防音はしっかりしているようで、外の音が漏れることはなかった

前回チェックアウトするまで気が付かなった洗面スペースとベッドスペースのカーテン間仕切り、伸縮可能なデスクも今回はちゃんとわかった。仕事ではないのでデスクはあまり使わないので、半分の広さに縮めて開いたスペースに加湿器を設置したり。デスクの伸縮機能、いるのかな、と思ったけど、限られた広さの部屋をフレキシブルに使えるのは案外便利です

ティーパックの緑茶と、インスタントコーヒーがそれぞれ2袋用意されている。電気ケトルもあり。湯呑ではなくマグカップ、ガラスのコップともに3個ずつあるのは、部屋の定員がエキストラベッド使用で3人だからか。

緑茶入れて、夜食用に用意しておいた天神地下街「BAKE」タルトで夜食。チーズタルトと、期間限定ブルーベリータルト。旅先では3時間以上は眠れない体質なので夜食の用意はマストだったりする。

ブルーベリータルト、ベリーの味がしないので間違えて普通のタルト入れてたのかな? と思ったら、真ん中あたりにベリージャムが入ってました。濃いチーズクリームとベリーの甘酸っぱさはよく合います。

今回も前回も1階ロイヤルホストで使えるウェルカムドリンク券もらえます。ただ今回も結局使わないままでした。立地が良くてオープンして半年足らずで設備もきれいなので、しばらくは福岡旅行の宿泊地第一候補になりそうです


福岡県福岡市中央区天神2-6-16
リッチモンドホテル天神西通(じゃらん)

※2019年10月現在のデータです

関連記事

This entry was posted in 宿泊 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です