夢二郷土美術館

高松・岡山旅行の初日(2/25)にはあいにく休館日だった「夢二郷土美術館」。

帰り、岡山で時間がちょっと空いたので、行ってみることに。

市電城下電停から歩いていける距離、と思っていたが、

実際は思ったより遠かった(^^;

夢二郷土美術館

後楽園から程近い、かわいらしい建物の美術館。

展示室は大きく2室に分かれ、手前では特別展が。この日は「夢二・范曽の愛した漢詩の世界  『悠久のうた』」展が開催されていた(3月31日で終了)。

漢詩は・・・・ 今ひとつよくわからないな。

その奥の部屋が竹久夢二の作品。思ったほど広くなく、こじんまりとしている。

ちょっと面白かったのが、楽譜集(だったっけ?)の表紙絵。現代ならCDのジャケットを画家がデザインするような感覚だろうか? 夢二らしい美人画もあれば、シンプルにデフォルメされたデザインあり。

ロートレックを思わせなくもない。どちらも商業主義的な流れに乗っかっていながらも古びない、というか、美術史の流れからふわっと浮いて超然としているような、そんな雰囲気がある。

夢二郷土美術館内喫茶「松香」でティータイム

美術館を一回りした後は、併設の喫茶「松香」でひと休み。

メニューは紅茶と焼き菓子「夢二のガルバルジィ」のセットのみ。紅茶は数種類の中から選べるが、今回は「アップルティー」にした。

「夢二のガルバルジィ」はレーズンの焼き菓子。東ハトオールレーズンを分厚く、味わいもバター風味をこってり効かせたような感じ。りんごの香りがやさしい紅茶とよく合う。展示されている夢二の版画を眺めながら、しばしのんびり。

700円という入館料はちょっと高く感じるけど、この紅茶セットは300円とかなりお手ごろ。美術館に入るならここでひと休みすることをおすすめする

ちなみに「夢二のガルバルジィ」はおみやげ用の販売もあり。5個入り525円でした。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

夢二郷土美術館

岡山県岡山市浜2丁目1-32
開館時間 9:00~17:00
定休日 月曜日
入館料 大人700円
夢二郷土美術館 – オフィシャルサイト
関連記事

This entry was posted in グルメ, たび, 紅茶, 美術館, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です