赤い風船 フォンダン・フロマージュ

今月号の「ならでわ!」によると、九十九島グループの「赤い風船」、8月8日より佐世保市内の3店舗で「フォンダン・フロマージュ」が販売になったとのこと。

フォンダン・フロマージュ、テレビでも紹介されたことのある(らしい)人気商品なのだが、佐世保の店舗では販売されておらず(たしか福岡の店舗のみ)、佐世保市民にとっては長らく幻のチーズケーキだった。

6月に期間限定で販売されていたそうだが、そのときは運悪く食べることが叶わず。しかしそのときが好評だったとかで、佐世保地区でも通年販売が決定したとのこと。

早速、本島町の本店に。

赤い風船 フォンダン・フロマージュ

午前中だったので、特に問題なくゲットできた

赤い風船 フォンダン・フロマージュ

見た目は普通のベイクドチーズ、という感じなのだけど、

ナイフを入れたら、その違いは一目瞭然。

むちゃくちゃ柔らかい。

というか、柔らかすぎ

実は一切れはばらばらに崩壊させてしまったり(汗)

赤い風船 フォンダン・フロマージュ

これはなんとかケーキとしての原形を保っていますが。

写真を撮っている間にも、崩落が急ピッチで進んでいるという、耐震偽造なチーズケーキ(苦笑)

ホールケーキとして成り立つギリギリのライン、という印象です

薄いスポンジの層に極めて柔らかいスフレの層。そして中は、クリーミー、というかもうとろとろのクリーム。

時間がたつとほんとに崩れてしまいそうなので、食べてみます。もちろんフォークではなく、スプーン。

味わいはほんとクリーミー。

ちょうど「半熟チーズケーキ」のような感じ。

これをあえてホールケーキにしてしまうという決断にはほんと感心しますが

チーズの風味、酸味はややおとなしめで、クリーミーさ、ふわとろ感を究極まで追求した味わい。ふわとろを妨げる要素は一切なし、徹底してます

コクはあるけどくどくはなく、柔らかい甘みが口の中に広がり、すっと溶けていくさまは絶妙。微妙にキャラメルのような風味がするのは何故だろ?

チーズが好きな人でも苦手な人でも、安心して楽しめそう。

それにしても、最大の弱点はこの切りにくさ。

器用でないと崩してしまう可能盛大。ケーキーサーバーまで用意している家庭は少ないと思うけど(ウチにはもちろん、ない)、このケーキに関してはないと厳しい。

一番お勧めの食べ方は、恋人同士とかで切り分けずにホール丸ごと、とか。まあどうせ僕には縁のない食べ方ですけど( ̄▽ ̄;) 試してみたい方で、実際試せる環境にある方はどうぞ勝手に試しやがれ(逆ギレ) 

まあ「ひとりで」ホール食いしてしまうのもひとつの手ですが(笑)。口溶けが軽いのでひとホールくらいあっさりおなかに収まりそうな気もするけど、実際どの程度カロリーがあるかは知らないので、やってみたい方はあくまで「自己責任で」お願いします(^。^;ハハハ


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

赤い風船(佐世保本店)

長崎県佐世保市本島町4-2ソーホービル1F
京町バス停徒歩2分
営業時間10:00~21:00
「赤い風船」関連記事

赤い風船 花かご


This entry was posted in チーズケーキ, 佐世保グルメ and tagged . Bookmark the permalink.

3 Responses to 赤い風船 フォンダン・フロマージュ

  1. says:

    逆切れしたくなる気持ちはよく分かりますが(^^ゞ
    今日久しぶりに佐世保へ行ったのですが、
    あと一日早く知っていれば買いに行ってました!
    ってくらい、美味しそうですね♪

  2. おいしいんだけど、切れそうになるくらいきりにくくて(^^; 知らないと不良品と勘違いしそう。
    今後は通年販売だそうですので、機械があればぜひ

  3. Pingback: 赤い風船 とろけるいちごショート | いつもはしっこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です