2010/02/05のハウステンボス

今年初のハウステンボス。

暖かくなってでいいかな、とも思っていたが、崖っぷちと言わんばかりの報道が続き、予定を早めて行くことに。

客は思ったよりも(あくまで、思っていたよりも)は多く、最初に乗ったカナルクルーザーには14,5人は客が乗っていた。

出発時にシャボン玉が吹き出すギミックは今回初めてみた。なかなか面白い。

 

パレスの客の少なさは前回書いたが、それ以前に、スパーケンブルグの人気の少なさも深刻。

そりゃクローズの店ばかりじゃしょうがないよな。未だに残っているお店がなんだか不憫なくらい。オープンカフェのビッケンビッケンなんて、昔はいつももっと賑わってたけどなあ・・・・

HISが無料地域に、と言ったのも理解できる。HISの支援がどうなるにせよ、ハウステンボスの存続を模索するならこの付近は無料化するのがやっぱり正解なんじゃないかなあ。

ただしネックとなりそうなのはアクセスの悪さ。ハウステンボス自体が立地的には厳しい上、ここは特に奥まっているし。

同じ海沿いの観光施設ということで、パールシーと競合しそうなのも難しいところ。全国的な知名度はともかく、地元民の支持という点ではパールシーに圧倒的に分がある。休み期間中の鹿子前一帯の渋滞はすごかったらしいからなあ。鹿子前トンネル抜けるのに一時間かかったとか。少し分けてあげて欲しい(^^;

 *    * 

ビネンスタッド・ニュースタッドはそれなりに客も入っていたが。ショップ数件に立ち寄って感じたこと。

セールが多い。

去年くらいから増え始めたよな気がする。賞味期限間近のお菓子なんかが

 

このチーズプチケーキも380円で買った。中にチーズクリームが入ってなかなか美味しい。ちょっとしたおみやげにいいんだが、1ヶ月持たないくらいだからその点は微妙(^^;

マジェスティーズブレンドの紅茶も一部商品が値引き。ダージリンファーストフラッシュのセットも30%引きになていた。ただし元の値段が1万円オーバー。値引きする前にばらして売った方がいいんでは(^^;

他に雑貨類なんかも。ニュースタッドのショップではハウステンボスオリジナルハンカチを500円で買った。他にはボー・ベンディクセンやエッシャーのグッズが格安になっていた。

マグカップくらい欲しかったけど、食器類は置くところがないんだよね。出国棟の「スキポール」をはじめ、園内のあちこちで見かけたので、しばらくはありそう。前から欲しかったけど高くて変えなかった、という人にはおすすめ。

もうひとつ、気になった点は、従業員の数が全体的に減ったような。昨年リストラが行われた直後はそれほど感じなかったけど、今日はちょっとまたされたりすることが多かったように思う。

そういえばパレスハウステンボスの壁画の間も係員いなかったな。ゆっくり見たかったので個人的には好都合だったけど、初見のお客さんにとっては説明するひとがいた方が良かったように思う。

 *    * 

ちなみに現在のハウステンボス、ショコラテイスティング祭、なるイベントが開催されている。

800円の参加料で10種のオリジナルショコラの5種をテイスティングできる、ということで、甘いもの好きのはしっこのひとにとってはちょっと気になるイベントなのだが

この時期に、この手のイベントに、男一人で参加するのはどうも気がすすまない。

まあとりあえずその場でどうするか考えよう、と思いチョコレートハウスに行ったのだが

会場はビネンスタッドの「マルシェ・ド・パラディ」内だった○│ ̄│_

チョコなのでてっきりチョコレートハウスと思い込み。いや、マルシェ・ド・パラディには寄っていたんだけど、まったく気がつかなかった。いわれてみるとマイスターズドリップ(コーヒー専門店)のところにできていたようだが、コーヒー器具なんかはしっかり見ていたのに・・・・

ようするに、潜在心理内で相当に抵抗があったんだろうなあ(^^ゞ


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

This entry was posted in ハウステンボス, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

5 Responses to 2010/02/05のハウステンボス

  1. はち☆ぽち says:

    始めましてm(__)m
    ハウステンボスが大好きで、飲食がいーどさんのホームページから飛んできました(^^ゞ
    今日ハウステンボス行ってきました。やっぱり寂しさは隠せないですね……。広いせいか、人が居ない様に感じてしまうんですよね。特にパレスの方は、距離もあるしデンハーグもクローズで(T_T)同じお菓子私も買いましたよ。賞味期限が短いですが、家用なら全然オッケーですし(笑)でも割引商品が多くて、ハウステンボスとしてはどうなんだろうと、考えてしまいますがf^_^;
    佐世保大好きなので、ちょこちょこお邪魔させてもらいますね(^O^)更新楽しみにしています。頑張ってください

  2. ハウステンボスはそんなに人が少ないんですか。
    行かれたのが金曜日ですかね。
    まったく観光客が写っていないホテルヨーロッパ前の広場(名前忘れました。)
    今の時期は個人的にハウステンボスはオフシーズンのつもりです。
    もうすぐ始まるチューリップまつりに期待しています。
    いい方向に向かうことを祈っています。

  3. はち☆ぽち さん
    やっぱり値引きはあんまりない方が商売的にはいいんでしょうが、そうばかりも言ってられないんでしょうね。
    パレスの方にひとが流れるような仕組みがあればいいんですが。今の状態だとちょっと厳しそうですね。
    やまとたける さん
    スパーケンブルグのアレキサンダー広場ですね。昔はイベントも時々あっていたようですが、今はビネンスタッドでしかないようです。
    現在は「光の街」が開催中なので、夜のほうが見ごたえがあるかもしれないです(夜は行く暇がなくて・・・・)

  4. おじさん says:

    おはよう、昨日記事がありました。
    やはり厳しいのー。
    1992年の開業以来、一度も黒字化したことがない
    結局、HISの支援決定は、HTBの破産・閉園を当面避けるためだけの暫定的な対応のようにしか見えない。HISは将来、HTBに東洋一のアウトレットモールを建設し、中国などから観光客を呼び込むとの構想を示したが、実現の見通しは遠い先の話だ。HTBは92年の開業以来、一度も黒字化したことがなく、まずは業績改善の地道な対策が必要だが、激減する来園者を呼び戻す秘策は見当たらない。
    HISの沢田秀雄会長は2010年2月12日の会見で、「撤退は最悪の場合であり、全力でやらせていただく」と強調した。しかしこのままHTBが赤字から抜け出せなければ、HISは数年後、実際に「撤退条件」をかざして身を引くこともある。そうなれば公費である支援交付金は無駄に捨てられることになる。HISの支援決定は、HISだけでなく、佐世保市など地元の重い責任も伴っている。

  5. 日経新聞の連載によるとHISはハウステンボスに訪日外国人旅行客の受け皿としての役割を期待しているようです。
    とりあえず、次の手が具体化するまではなんとも、です。水面下ではいろいろあるんでしょうけど、具体化は4月以降でしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です