疾風ロンド 東野圭吾

疾風ロンド (実業之日本社文庫)
東野 圭吾
実業之日本社 (2013-11-15)
売り上げランキング: 460

 昨年末くらいに買ったのだが、読んだのはごく最近。

スキー場を舞台としたサスペンスもの。文庫書き下ろしだったようだが、やっぱりソチオリンピックにあわせてなんだろうか。

脅迫犯がいきなり死んでしまう、という発端はちょっと前に読んだジェフリー・ディーヴァーの「悪魔の涙」を思い出させるが、内容はちょっと、いやかなり軽めのタッチ。

「疾風」というほどの緊迫感を感じないのは本当に悪、というのがでてこないからだろうな。悪人はいるんだけどどいつもこいつもツメが甘い小悪党ばかり。

さらには主人公もどこか緊張感の足りないおっさん(^^; 白銀が鮮血で真紅に染まってもおかしくない状況なのに(ヘタすら一村全滅しかねない状況ですよ)、観光か、と突っ込みたくなるそこはかとないのどかさ。

緊迫のサスペンス、というのではないものの、ストーリー展開はなかなか面白い。ドラマ化には向きそう。。帯のアオリは無視して、大人も楽しめるジュブナイル、と思えばそれほど悪くはない。

笑撃のラスト?も父を思う少年の思いが引き起こしたと考えれば、泣けるほどじゃないけどちょっとほっこりするかも。


関連記事

This entry was posted in 本と雑誌 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です