佐世保玉屋「全国うまいもの味めぐり」あれこれ

 

昨日で終了したので、今更ネタにするのもあれだが

佐世保玉屋の今年の初売り、12月27日から1月5日まで、年をまたいで物産展が開催されていた。

1月3日に行ってみた。

初売り中とはいえちょっと中途半端な3日、しかもオープン間際だったこともあり、客はちょっと少なかった。1日、2日がどうだったのかは気になるが

 

まず買ってみたのが五平餅。

岐阜は飛騨高山の木や。時々登場する常連のお店で、母が好物なのでよく買う。

 

あまり甘くないが、みたらしの香ばしさがなんとも素朴でいい感じ。

 

続いてもやっぱり岐阜物産展常連のお店。柿羊羹のつちや。

柿羊羹は買ったけど手土産にしたので自分では食べず。(サイズも価格も手頃で日持ちもそれなりにするので、手土産にはうってつけ)自分用に買ったのは新年羊羹。

残念ながら柿羊羹ではなく普通の羊羹だが、地面?の部分に白小豆のつぶつぶが入っていて、この歯ざわりがなかなかいい感じ。

見た目もいい感じなお菓子。今回はカットを買ったけど、棹菓子のものもあった

 

もう一つ。珈琲羊羹

岐阜の大垣生まれの江戸時代の蘭学者「宇田川榕菴」はCoffeeに「珈琲」の字をあてた人なんだそうで、そこから大垣名物としてオオガキ珈琲を売出し中なんだとか。これもそのプロジェクトの一環のお菓子。

 

食べきりサイズだが、糸がついていて、それで切りながら食べる、という趣向も面白い。

味わいもなかなかしっかりとコーヒー。深入りの豆を使ってあるようで、ちょっとビターな風味が本格的でいい。

なんの因果か岐阜物産展状態になってしまった2016年初物産展でした(^^;


全国うまいもの味めぐり
2015年12月27日~2016年1月5日
佐世保玉屋7階大催場
長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:30
ホームページ
本店:岐阜県大垣市俵町39
ホームページ

This entry was posted in お菓子, 物産展 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です