さかえ屋 ふくふくふくれ

ふくふくふくれ

昨年末に親戚からお歳暮で送ってきたさかえ屋のお菓子。

今年は初顔が。ふくふくふくれ。

年が明けてから頂いた。

2種類あり。まず抹茶味を食べてみることに

ふくふくふくれ

なるほど、蒸しケーキ系の和菓子か。萩の月とかと同系統の

抹茶味とはいえ、ある程度味の想像はつくな、と思って食べてみたら。

ふくふくふくれ

中の餡子が一味違う。

つぶあんと、抹茶味のお餅みたいな食感のが入っている。合わさった感じは熊本の陣太鼓の中身にちょっと似た感じの食感。

ふわふわのむしケーキと、もっちりとした中の相性がことのほかよく、オリジナリティも抜群。

後でホームページで調べてみたら、お餅ではなく抹茶葛、とのこと。独特の食感の正体はこれか。

ふくふくふくれ

クリーム金時。こちらは更に萩の月っぽい外観。

中には。

ふくふくふくれ

つぶあんとカスタードが入っている。カスタードがなんというか、ちょっと和風な感じ。白あんを滑らかにしたような、というか。そしてほんのり牛乳風味。ふんわりとした感じの口当たりでした。

個人的には抹茶味の葛の歯ざわりがツボだったが、こちらの優しい味わいもなかなかいいかも。


「さかえ屋」関連記事

This entry was posted in お菓子 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です