サンポー焼豚ラーメンから消えたもの

昔はちょくちょく食べていたが、30半ばくらいからめったに食べなくなったものが「カップラーメン」

歳とるにつれあの味の濃さが年々辛くなってきた。

といいつつも、少し前にスーパーで散歩ー焼豚ラーメン見かけて懐かしくなったので数年ぶりくらいに購入

買ったもののなかなか食べず、GW中やけに冷え込んだ日に、買ったのを思い出して、久しぶりに食べた

麺にペラペラの焼豚、粉末スープに後入れの調味油というのは昔と変わらず

昔のようにお湯を入れて三分

むかしとかわらぬように・・・ あれ?

コーン入ってたっけ?

ちょっと不審に思いつつ、食べていると、あるものが入ってないのに気がついた。

なるとが入ってない

昔はチャーシューと同じくらいペラペラのナルトが2,3個入っていたのだが、どこにも見当たらない。

2005年当時の焼豚ラーメンはこちら

なるとかわりにコーンか。コーンよりなるとがいいんだけどなあ。と思いつつ完食。

ちなみにナルト以外は昔と味が変わらず。久しぶりに食べたカップラーメンはやはり味が塩辛かった。薄っぺらい焼豚のチープな美味しさは健在

にしてもなぜなるとがないのか、気になりつつ調べてみたら

どうやら東日本震災の時になるとが入手できなくなって、コーンに変更になって現在に至るらしい。

震災は2011年、7年前からこうなっているのか・・・ 全然気が付かなかった。

久しぶり、とは思っていたが、そのくらい食べてないのか・・・ その事にちょっと驚いた。10代の頃は週に何個かは食べてたけどねえ。

にしてもあの未曾有の災害、遠く離れた九州限定のローカルフードにも被害を及ぼしていたとは。個人的にはあのナルト復活させてほしいです


関連記事

This entry was posted in グルメ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です