七條甘春堂 あずきどうふ「京豆水」

「東京・京都都めぐり」も本日で最終日。

東京ネタばかり続いたので,本日は京都。

七條甘春堂 京豆水

東山、三十三間堂の近くにある「七條甘春堂」の「京豆水」

お菓子の冷奴,なんだそうです。

七條甘春堂 京豆水

一本,じゃなくて一丁(400g)788円

棹型ではなく豆腐型にしただけで、ようするに水羊羹みたいなものか,と思ったが。

七條甘春堂 京豆水

食べてみるとこれが微妙に違う。

微妙に弾力があるのがういろうのようだが,ういろうほどは固くなく,でも水羊羹よりもはプルンとしていて,また、ほんの少し舌にザラッとしたあずきらしい感覚がある。

甘味はすっきりとしていて、雑味がない。水にこだわっているのだろうな,というのが食べていて伝わる感じ。

甘味はそんな強いわけではないんだけど,この食感はけっこう好み。清らかな味わい、という感じです。

京菓子にしては求めやすい価格なのも嬉しい。シンプルイズベストな京菓子でした


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。
京都府京都市東山区七条通本町東入ル西ノ門町551
ホームページ
花の東京・京都都めぐり
2010/4/15(水)~4/20(火)
佐世保玉屋7階大催場
佐世保玉屋
長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~19:00
ホームページ

This entry was posted in グルメ, 物産展, 菓子・スイーツ. Bookmark the permalink.

One Response to 七條甘春堂 あずきどうふ「京豆水」

  1. Pingback: 甘春堂 京炙り餅 やすらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です