季屋の鯉生菓子

季屋の鯉生菓子

ゴールデンウイーク中、佐世保玉屋に行ったら

和菓子コーナーで鯉の生菓子が販売されていた。

季屋の鯉生菓子

季屋のもの。こぶりなサイズが2個入って648円。

大きすぎると食べるのに一苦労するので、このくらいのサイズがむしろありがたい気もする。価格も手頃だし

2食入りだが、味は変わらない。

季屋の鯉生菓子

解剖してみた(笑)

中は練切にあんこ、あくまでスタンダードな鯉生菓子。

味だけど、練切は幾分柔らかい感じ、あんこに塩気がきいているのがとてもいい。ここの鯉は塩焼きらしい(焼いてません)

甘いんだけど、その甘味を引き立てる塩気です。ちなみに目玉も塩豆で食べられます。あと立体的な作りだけど、目玉があるのは片側だけ、裏にはついてません

ちなみに同じ場所で文明堂?の鯉生菓子もおいてあったけど、こちらはスタンダードなサイズ。正直大きすぎて、持て余してしまうんだよな。余程の大家族か、甘いモノならいくらでも入る体質の人でない限り、このくらいのサイズのほうが今の時代ありがたいのでは?

まだ食べたことがない人にもおすすめだけど、端午の節句も終わったし、販売期間はいつまでなのかな?

そういえば、佐世保玉屋の向かいに直営店のパパスがあるが

パパス佐世保店閉店のお知らせ

2015年5月10日をもって一旦休業、とのこと。

パパスカフェも休業。時折使ってたけど、カフェが増えて競争が激しかったか、お客さんあまり入ってる風ではなかったもんなあ。その分ゆっくりは出来たけど。

 

 


佐世保玉屋
長崎県佐世保市栄町2-1
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:30
ホームページ
「季屋」関連記事

This entry was posted in 佐世保グルメ, 佐世保スイーツ, 菓子・スイーツ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です