ガーデニングワールドカップフラワーショーinナガサキ2011

ハウステンボスにて、8日より始まったガーデニングワールドカップ2011、行ってきた。

2回目の今回は「ショーガーデン部門のパレスハウステンボス会場に、スモールガーデン部門のアートガーデン会場の2つの会場で。

昨年の盛況ぶりを受けて、今回はさらにグレードアップしている印象だった

まずはパレスのショーガーデン部門から。

有料、期間ごとに価格設定が異なるが、今回(11日)は2600円だった。

入り口脇の植え込みは、石原和幸氏作の「緑風庭」。8月に東京で開催されたプレイベントにて、速攻で製作されたものらしい

平日にかかわらず、園内はなかなかの盛況ぶり。

昨年開催時は1つだけ見そこねて、後日また行かなければ鳴らなくなったので、今回はガイドブックチェックしながら、順番通りに見て回った。

まずはオランダのニコ・ウィッシング氏の作品

中心の松の木と、オレンジや黄色を多用したカラフルな色合いの対比が面白い庭。

インパクト充分で、つかみには最適な感じ。

続いての庭。3弾に流れる水の流れが昨年の石原和幸氏の作品を思い起こさせるな、と思ったら

やはり石原氏の作品だった(^^;

昨年の作品より明るく開放的な感じがしました

ジョナサン・デンビー氏も昨年に続いての登場

昨年の作品は白でまとめた慰霊の地、と言ったイメージだったが(参照)、今回はお伽話チック。

ピーターラビットに登場するMr.マクレガーの庭をイメージしたもの。

周りのお客さんの「この庭ほしい」の一言にも思わず同感。

遊び心横溢、見ていて楽しくなる庭でした。


blogram投票ボタン

ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。
ガーデニングワールドカップフラワーショーinナガサキ2011
会期:2011/10/8~11/6
会場 ハウステンボス内(パレスハウステンボス・アートガーデン)
関連記事

This entry was posted in イベント, ハウステンボス, and tagged . Bookmark the permalink.

4 Responses to ガーデニングワールドカップフラワーショーinナガサキ2011

  1. Pingback: ガーデニングワールドカップ2012 | いつもはしっこ

  2. Pingback: ガーデニングワールドカップ2012 スモールガーデン部門 | いつもはしっこ

  3. Pingback: ガーデニングジャパンカップフラワーショー2013 | いつもはしっこ

  4. Pingback: ガーデニングジャパンカップフラワーショー2013 (2) | いつもはしっこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です