古き良き時代を訪ねて 玉屋ファミリーレストラン

 玉屋ファミリーレストランよりの眺め

 佐世保玉屋ファミリーレストランから撮りました。上から見たアーケード街。こんな風になっているんですね。

 玉屋のファミリーレストラン、最近はこんな「百貨店の大食堂」てあんまりないですね。昭和の香り漂う、と言うか、昭和そのもの(笑)

 そこそこ広い店内は、テーブル席の他に畳敷きの席もあり。メニューは洋食、和食にお子様ランチ、デザートまで、3世代の家族連れにも対応できる幅広さ。

 母なんかは最近こういった店が少なくて困る、と文句行ってますが。最近の店はメニューが片寄って選びにくい、と。

 言われてみれば、最近は専門店を集めたフードコートが主流。だだっ広くてよろずなんでも承りますみたいなレストラン(と言うより食堂)ってもう流行んないんだろうな。

 なぜか食券制で、事前に支払いなのがちょっと戸惑う。経費節約なのかな、と思ったけど、従業員は店の広さにたいしてそこそこ多い感じ。店の雰囲気は、はっきり言ってチープ、いや、昭和の味わいです(苦笑) 

 時代に取り残された感のありありですが、いつまでも残っていて欲しいものです。もちろんリニューアルは禁止。玉屋に時代の最先端など似合わない←ちょっと失礼

 都会ではこの手の食堂はもはや絶滅しているはず。残っているとしたらわが佐世保のような地方都市。とはいえ、地方ではデパート自体が絶滅危惧種。

 「こどもの頃、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんとみんなで行った百貨店で食べた、ほんのり甘いオムライスの味」的なノスタルジアだけは横溢なこの店(※注:僕自身はほとんどここには来たことありません。念のため)。今となっては希少価値はかなり大。折しも最近では古き良き昭和の懐古趣味が広がってますから。そのうち大ブレイクする日が来るかもしれません。10年後くらいには。

 と随分失礼なこと書き連ねましたが、自家製の手打ちそばや、ヘルシーな玄米御膳など、メニューは一工夫こらされている印象。和食が多いのは高齢者にあわせて? もちろん客層は若干高めだけど、思ったより若いお客さんも入ってましたよ。


ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

佐世保玉屋 ファミリーレストラン
  佐世保市栄町2-1 佐世保玉屋6F
  島瀬バス停徒歩2分

佐世保玉屋ファミリーレストラン関連記事

This entry was posted in 佐世保グルメ, 雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to 古き良き時代を訪ねて 玉屋ファミリーレストラン

  1. はじめまして、リンク先のSUKA・SUKAさんのページから飛んできました。
    よろしく!
    確かに玉屋は昭和の匂いがしますねー。
    小学生の頃、5階のプラモ売り場に行くのが楽しみでした。あと屋上のモノレールにたいな乗り物も。

  2. 【セレクション】玄米de健康・ダイエット

    玄米で健康的にダイエット!

  3. どうもはじめまして。
    玉屋の屋上はまだ行ったことがないんですよ。というか、どこから登ればいいのやら(苦笑)
    玉屋の5階より上ってなんだか迷路みたいです。

  4. Pingback: 佐世保玉屋ファミリーレストラン 豚生姜焼定食 | いつもはしっこ

  5. Pingback: 佐世保玉屋ファミリーレストラン 牛丼 | いつもはしっこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です