牛右衛門 ベーコンテリバーガー

ランチを、と思ったら、ちょっと早めの時間だったので、意外と空いているお店が少ない。

で、やっと探し当てたのが「牛右衛門」

日替わりランチにするつもりだったが、メニューの中にハンバーガーを発見。

ベーコンテリバーガー(819円)。もしかして牛右衛門も佐世保バーガー進出? 気になったので、こちらを取ってみることに

ベーコンテリバーガー

ハンバーガー登場。

フォークとナイフも用意されているが、紙袋も別に用意されているので、切り分けて食べてもかぶりついて食べてもどちらでもOK。

ファーストフード店見たく最初から袋に入っているのでは、レストランなのにちょっと素っ気ないし、好きな食べ方をチョイスできるのはけっこう気がきいていると思う。

一目見て一番の特徴は、バンズ。

マフィンというか、むしろナンかな? ちょっともちっとした歯ざわりで、なかなか美味い。

ハンバーグも肉料理専門店らしい、しっかりした分厚さ。味もいい。

牛右衛門ってステーキの印象が強くて、ハンバーグはそれほど印象になかったが(というかあんまり食べたことない)、肉料理専門店だけあってなかなか美味いな。

ベーコンや野菜はそれほど目立たないが、全体的な味のバランスもいい。もっと「テリヤキバーガー」ぽい物を想像していたのだが、それほどテリヤキっぽい印象はない

というか、これ、「テリ」バーガーという感じはしないな。甘口ということで、佐世保バーガーの味をテリヤキバーガーと似たもの、と思っている人もたまにいるようだが、マヨとケチャップ(あるいはデミソース)の味付けの佐世保バーガーとしょうゆ味の和風ソースのテリヤキバーガーはまったくの別物。

このバーガーは、むしろ「佐世保バーガー」の系統に近いような気がする

ボリュームもそこそこ大きめで、ポテトの量が多いのもいい。(専門店でない)レストランのハンバーガーとしては、認定受けているお店よりここの方が満足度高いかも。

今のところ認定店じゃないけど、次行ったときにはバーガーボーイの看板がお出迎え、なんてことがあるかもね。

あと、いつの間にかドリンクバーがスタートしていた。食事とセットで注文すると+160円。このバーガーとだと、ぎりぎり1000円以内で収まる。

ドリンクバーのコーヒー(チョコシロップ入り)

甘い飲み物がいいな、と思い、コーヒーにチョコシロップをたっぷり入れて飲んだ。それが美味しかったので、2杯目はキャラメルシロップの方をたっぷり入れてみた。

調子乗りすぎた(+。+)アマスギ

ケータイはしっこで牛右衛門の情報を見る クリックで拡大

にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

牛右衛門 四ヶ町店

長崎県佐世保市本島町3-5
京町バス停徒歩2分
松浦鉄道佐世保中央駅徒歩3分
営業時間 10:30-22:30(OS22:00)
株式会社牛右衛門ホームページ
「牛右衛門」関連記事

This entry was posted in 佐世保グルメ, 佐世保バーガー and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です