ガーデニングワールドカップ2013 その1

ハウステンボスの毎秋恒例の「ガーデニングワールドカップフラワーショー」

今回も行ってきた。

会場はパレスハウステンボス、前回より少し規模は小さくなっていたが、入場料は逆に上がって当日券3500円(前売り券でも3300円)。強気だ(^。^;

送信者 2013/10/15 ハウステンボス

 

まずはショーガーデン部門、まずは安定の石原和幸氏の作品。

茶室をしつらえた和風の庭。さすがの完成度だけど、方向性が同じな分、昨年のほうがインパクトあったかな?

凝りに凝っていたのが波佐見・西海園芸の山口陽介氏の作品

入口から入ると、マリア像が鎮座する教会のような静謐な空間。

礼拝堂の奥に進み、左側にある出口を抜けると

渋いつくりの日本庭園。

出口の近くには茶室もあり。

日本庭園側から見た礼拝堂。

限られたスペースを最大限に活かした大胆な構成です。

今回最も気に入ったのはフランス、ジェイムズ・ハッソン氏の庭。

池と浮橋と植栽で構成されたシンプルで平面的な庭だが、物静かな雰囲気が心地よかった。

ガーデニングワールドカップ、当初は10月20日までの予定だったけど、11月4日まで期間延長となった、とのこと

フラワーコンテストの一部は会場縮小となるそうですが、入場料は(単独券)2000円と少しお求めしやすい価格になっているようです

ガーデニングワールドカップフラワーショー2012inJapan
会期 2013/10/12~10/20
会場 ハウステンボス内パレスハウステンボス
※2013/11/4まで期間延長(一部会場縮小)
関連記事

This entry was posted in イベント, ハウステンボス and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です