ガーデニングワールドカップ2013 その2

ハウステンボスのガーデニングワールドカップフラワーショー2013,ホーム・ガーデン部門は、ショーガーデン部門よりやや小ぶりで、より実用寄りの庭となるらしいが、けっこう凝ってる感じ。

送信者 2013/10/15 ハウステンボス

 完成度が高いな、と思ったのは古賀勝彦氏の庭。GWCではおなじみの名前

石で組まれた窓枠が独特の雰囲気で面白い感じ。

非日常的な美しい作品が多い中で、異彩を放っていたのが井上雅晴氏の作品。

職人の作業場のような日常的な風景の中に宿る落ち着いたいぶし銀のような佇まいがいい感じ。

昨年最優秀作品賞のリム・イン・チョング氏、今回は静の雰囲気の漂う作品で登場

方形の庭を貫く竹の水路。塀に囲まれた庭はところどころの隙間から一部しか伺うことができず、全貌はよくわからない。

中の花々は色鮮やかなのに、石庭にもにた内省的な趣きを感じさせる庭。

ガーデニングワールドカップフラワーショー2012inJapan
会期 2013/10/12~10/20
会場 ハウステンボス内パレスハウステンボス
※2013/11/4まで期間延長(一部会場縮小)
関連記事

This entry was posted in イベント, ハウステンボス and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です