佐世保廃墟倶楽部 写真展

 

佐世保廃墟倶楽部。

写真展が今回万津町のカフェレストランRE PORTで開催、ということで、行ってみた。

今までも何度か写真展は開催されていたようだが、佐世保市中心部ではあまりなかったような。

有田の元窯場とか、お寺とか、いつもちょっと変わったところで開催している印象がある。

写真には特に記載されていないので詳しくはわからないが、写真の撮影場所は佐世保市に限定しているわけではないようだ。

炭鉱跡の写真はおそらく池島かな? 何処かで見た記憶がある。

廃墟もいろいろ。住居もあれば、ホテル、遊園地いや水族館かな? そういえば3、4年前に佐世保廃墟倶楽部がテレビのローカルニュースで紹介された際はm西海橋水族館跡を訪れてた(参照:佐世保廃墟倶楽部 – YouTube

有名どころも。針尾無線塔。たしかにあれも「廃墟」だな。有名すぎ存在感ありすぎだけど。

無線塔もそうだが、旧日本軍関連の廃墟は軍港佐世保らしい廃墟。今回展示の撮影場所はは俵ヶ浦の丸出山堡塁だろうか。煉瓦造りの建造物が静かに朽ち果てていく様には独特の重厚感がある。

ポートレートもあり。もちろん背景は廃墟。コスプレ×廃墟、というのも。人の気配の薄れゆく中で膨らむ現実離れした雰囲気がより色濃く浮かび上がってくるような。

ちなみに入場は無料だが、カフェでの展示のため、1オーダー必要とのこと。今回はパスタランチをオーダー。上の写真にもちょこっとうつってますが。そちらについては明日。


佐世保廃墟倶楽部 写真展
会期 2017/6/14~6/25
会場 RE PORT(長崎県佐世保市万津町2-12)
営業時間 「RE PORT」の営業時間に準ず
佐世保廃墟倶楽部(Facebookページ)
長崎県佐世保市万津町1-12
営業時間 11:30~16:00 18:00~23:00
定休日 火曜日及び月曜日夜の部
RE PORT(Facebookページ)
リポート(Instagram)

※2017年6月現在のデータです

「RE PORT」関連記事

This entry was posted in アート・文化 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です