アートとピアノとコーヒーと 1/31 島瀬美術センター

 

昨日。

島瀬美術センター内「ノマドコーヒー」にコーヒー飲みに行ったら

1階ロビーにてピアノコンサートが始まるところ

重松壮一郎氏のソロライブ。「新春に生まれる音〜 重松壮一郎 即興ピアノ・コンサート」

せっかくなので、コーヒーをいただきながら、しばらく聞かせてもらうことに

 

ちなみにこの日もコーヒー(クリスタルドリッパーによるペーパードリップ)とキャラメルクッキー(伊達本舗)のセット。500円。ここに来たら最近はこれが定番。深煎りでボディは重厚だけど後口がクリアな味わいは本日も健在。

 

ピアノ演奏を聞く機会などなかなか、というか全然ない生活を送っているが、間近で聞くプロの演奏、ただ音色が美しいだけでなく、張り詰めた空気を震わすような緊張感がすごい。

重松氏は細身で一見肺でも病んでそうな(失礼)繊細な感じの男性だが、この後5時半まで開催とかで、そのタフネスぶりに驚いた。ついでにこの日の夜は地球屋にてライブも。すごいね。ホームページによると『即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いのライブ活動を行う「旅の音楽家」』とのこと。

観覧自由で長丁場なので、客は入れ替わり立ち替り。自分は40分ほどで失礼して、かと言ってさっと帰るのも名残惜しく、予定してなかったが、この日が最終日の「長崎県選抜作家美術展」を観覧することに。入場料は400円。

階段登って中2階は工芸作品の展示。吹き抜けなので、ピアノ聞きながらの観覧。

長崎という地域柄か、陶芸作品が多い。三川内の今村光雲氏、波佐見の立井治甫氏の作品も。

2階が洋画。さすがにピアノの音色は聞こえないな(^^; 3,4階は日本画、書、彫刻など。書や彫刻はどうも良し悪しがわからないので駆け足で^^;

抽象画では印象に残ったのは馬場忍氏の作品。風景画のイメージがあるけど振り幅広いな。具象画では長田ユミ氏の作品が印象に残った。

美術展見終わって1階ロビーに降りた時は、コンサートはちょうど少休止中だったけど、椅子席はほぼ満席になってました。

あまりかしこまったところで音楽鑑賞、というのは苦手、と言うか慣れてないので、こういう形式のライブはありがたい。特にしまびなら美味しいコーヒーにもありつけるし。土日を中心に時折行われているようなので美術センターのホームページでチェックしておくといいかも、です。

長崎県佐世保市島瀬町6−22

島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜
佐世保市博物館島瀬美術センター(Facebookページ)

美術館にある珈琲屋 ノマド・コーヒー
長崎県佐世保市島瀬町6−22
佐世保市博物館島瀬美術センター1階
島瀬バス停徒歩1分
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜(休館日)
ノマド・コーヒー(Facebookページ)
ノマドコーヒー関連記事

This entry was posted in アート・文化, イベント, コーヒー, 佐世保グルメ, 美術館 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to アートとピアノとコーヒーと 1/31 島瀬美術センター

  1. yumikoara says:

    私もこの日、ここにおりました^^ たまにライブがあってますね。コーヒーショップがあって
    アートも鑑賞できる、いやしのスペースですね。

    • はしっこのひと says:

      どうもです。レス遅れてしまいました(^^ゞ
      次の週もライブ開催、週末もバレンタインライブが開催されるそうです。ビギナーでも気軽に音楽に触れることができる空間になってきているようでありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です