いくた「佐世保ならでは絵巻」2種

「いくた」では焼き菓子も2種類買った。

「佐世保ならでは絵巻」という佐世保の名所・名産をモチーフにしたシリーズ。10種類以上あり、詰め合わせもあるが、今回買ったのはこのうちの2種類

いくた「弓張岳の夜に酔いしれて」

「弓張岳の夜に酔いしれて」

まずは佐世保一の展望を誇る弓張岳の名前を模した一品

いくた「弓張岳の夜に酔いしれて」

「酔いしれて」というだけあり、ブランデーケーキです(笑)

いくたはブランデーケーキも美味しいけど、これは小さい分、ややブランデーの効きはおとなしめかな? ふんわりしっとりの生地はさすがに美味。

もうひとつは

いくた「夕日の眼鏡岩」

「夕日の眼鏡岩」

知る人ぞ知る佐世保の奇観「眼鏡岩」をモチーフにしたお菓子

佐世保市北部、瀬戸越町にある眼鏡岩は、2つの穴が開いた独特の形状の大岩。人工ではなく、海だったころに波の侵食でできたものが、後年陸地となりこのような形になったらしい

いくた「夕日の眼鏡岩」

2つ穴の開いたクッキーの下の部分だけチョコでコーティングすることで、眼鏡岩っぽい雰囲気を出している。

よく考えると何の変哲もないクッキーだけど、これがうまい。

封を開けるとチョコの風味がふんわり。バターの風味が聞いて、さくっとした歯ざわりもよし、レモンピールかな、ほのかに柑橘系の風味があるのもいい。見た目だけでなく、完成度も高い。

正直見た目の面白さに惹かれただけで、味にはきたいしてない、というか、要するにクッキーだろ、という感じだったのだが、さすがに佐世保有数の老舗洋菓子店と思わせる味わいだった。

他にも同シリーズで10種類くらいあるので、行く度にちょこちょこ買ってみるつもり。


にほんブログ村 地域生活ブログ 長崎情報へ
ランキング参加中です
よろしければクリックお願いします。

お菓子工房いくた本店

佐世保市福石町15-5
福石町バス停徒歩1分
JR佐世保駅徒歩10分
「いくた」関連記事

This entry was posted in 佐世保グルメ, 菓子・スイーツ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です